FC2ブログ

【すたっふNOTE】世界音楽物語2012 見どころ

音楽物語と聞くと、音楽と語りか?思われる方が多いと思います。
たしかに、おっしゃるとおり!ですが、今年の音楽物語は少しボリュームアップした企画となっています。

パティオ池鯉鮒では2010年より、知立に伝わる「姫塚(かきつばた姫伝説)」を、芸術のさまざまな分野で新作上演しているのはご存知の方が多いのではと思います。
2010年は、江戸糸あやつり人形と知立の山車文楽の文楽人形をメインとしたまちおこしオペレッタ
2011年は、狂言と現代人形劇を用いたまちおこし新作音楽人形劇
そして、2012年は、まちおこしダンス(2月23日初演)
同じ題材をさまざまな芸術分野で描くことで、一部の人に偏ることなく、伝えたい事を確実に伝えることができる、そのことが!芸術を通じた「まちおこし」となるように意識して取り組んでいます。

前置きが長くなりましたが、このまちおこし企画に付随するプレ公演として世界音楽物語を2011年より上演しています。今年の出演者は、知立市出身のエレクトーン奏者「安藤禎央さん」が作曲・演奏、朗読を女優「紺野美沙子さん」。また、昨年愛知芸術文化選奨を受賞した、刈谷・知立市で活躍する石川雅実モダンダンスキッズスタジオの子どもたち7名も安藤さんの曲に合わせ、新作ダンスを披露します。キュートな踊りに注目です。そして、パティオちりゅう少年少女合唱団17名が、新作音楽物語「かきつばた姫」に登場します。知立市八橋のこどもたち役で出演し、安藤氏作曲・愛知教育大学出身の新進絵本作家関川美優さん作詞の新曲を披露します。美しい姫の心をイメージしたとても美しい曲です。

音楽や演劇に、幼少のころから触れることで、芸術を身近なものとして感じることができ、豊かな情操を培う一端を担えればと考え、この音楽物語は継続して実施してきました。今後も子ども達が、パティオ池鯉鮒でさまざまな芸術に触れれるよう、よりよい企画を提供していきます。

是非、ご来場いただき、ご意見、ご感想をお待ちしています。

スタッフ Y
k1784421737.jpg
k524643481.jpg
k1595209108.jpg
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply