FC2ブログ

【すたっふNOTE】会館の避難器具をご紹介~消防訓練を終えて~

皆様こんにちは、今回の「すたっふNOTE」はいつもと違った観点より、テーマを取上げたいと思います。それはズバリ、「パティオの防災対策」です!

当館では毎年2回、法律の定めに準じて消防訓練を行っており、つい先日にも、実際に写真のような避難器具を利用した訓練を実施しました。
さて、この写真いったい何だと思いますか?

白い筒状のものが、会館の壁に沿って、地面と垂直にぶら下がっています。
実はこれ、火災などの避難時に大ホールの3階から避難する際に利用する「救助袋」なのです。
よくビルなどの避難具として見かける、滑り台やスライダータイプのものでなく、まっすぐ伸びるこの救助袋・・・正直な感想として、こんな垂直で大丈夫なのかと思われる方も多いのではないでしょうか。

実はこの筒、当然ながらただの筒ではなく、中にはらせん状に布が縫いこまれています。そのため、らせん状の布の上を滑り降りるように降下します。滑り降りると表現しましたが、布からかなり抵抗を受けますので、体をもがくように動かさないと、降りていきません。これ、けっこう体力を使うんです。

今回実施した訓練でも、新人の2名がこの救助袋の洗礼(?)を受けて、会館の消防訓練デビューを果たしました。
年2回の消防訓練では会館独自の発想で、実践的かつ緊張感の高い訓練を実施して、有事の際に来館者の安全を守るよう、常に心構えを持ち、非常時に備えています。(機会があればこの訓練方法についても、いつかブログに取上げたいと思います)

火災には十分に気を付けて、この救助袋のお世話にならないよう、今後も安心安全の施設管理に努めてまいります。
来館者の方々も、ぜひ、ご来館の折には、非常口ならびに各部屋に貼付してあります避難通路の確認をよろしくお願いします。

(スタッフT)
k101546854.jpg
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply