FC2ブログ

【すたっふNOTE】第2回目は「四季飾り 鯉のぼりが泳ぐエントランスロビー」です!

こんにちは!スタッフJです。

当館では、会館を訪れた方々に季節を感じていただくため、エントランスロビーにその時々のミニ季節展示をしています。
今は端午の節句ということで、4匹の鯉のぼりが元気に泳いでいます。

そもそも鯉のぼりは、中国の「黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが、鯉のみが登り切り、竜になるなることができた」という故事にちなんで、「鯉の滝登り」が立身出世の象徴となったことから始まったそうです。
本来は真鯉(おとうさん鯉)のみで、明治時代から真鯉と緋鯉の対で揚げるようになり、昭和時代から家族を表すものとして子鯉(青い鯉や緑の鯉)も追加されたものが主流となりました。

たしか息子の鯉のぼりは、真鯉に金太郎がしがみついていた記憶がありますが、これは金太郎が自分より大きい鯉をつかまえた伝説が基盤になっているそうです。そこから鯉のぼりには、金太郎のように強くたくましく育って欲しいという願いも込められるようになりました。
息子も鯉のぼりのご利益か(?)、健康に育つことができました。


最近では住宅事情の影響か庭に高々と揚がる鯉のぼりの姿を見かけなくなりましたね。

パティオ池鯉鮒では、子ども達の成長を願い、5月31日まで飾ります。
今日のような悪天候でも、パティオの鯉はエントランスで元気に泳いでいます。
みなさんぜひ、この勇姿を見に来てくださいね!

(スタッフ J)
k1490805229.jpg
k942151897.jpg
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply