FC2ブログ

花緑・三平・白酒 三人会

節分、立春が過ぎ、暦の上では春の始まりですが、「春は名のみの風の寒さや」とあるように冬の寒さは2月がピークです。
旧暦では如月(きさらぎ)。この寒さで重ね着した上に更に着なければならないほどの時期であることから「衣更着(きさらぎ)」とも言うようです。
今年は、2016年の春以来2年ぶりにエルニーニョ現象が発生し、この春にかけて暖冬傾向が継続する予想だそうですが、そうは感じられない程厳しい寒気に覆われることもあります。
2年前のエルニーニョ現象では、各地のスキー場で雪不足が問題となりました。
今シーズンはどうかと言いますと、北信越地域ではかなりの積雪がある一方で、岐阜県奥美濃地域では例年と比較すると少ないようです。
とはいえ、ウィンタースポーツにはそれほど影響はなうようですので、そちらも大いに楽しんでください。

昨年11月にも取り上げましたが、当会館の自主企画事業「こどもアートふれあい事業」では、今年度アートで育む“ひと・こころ・まち”プロジェクトとして、日本の伝統芸能を知っていただこうと、「中学生優れた芸術鑑賞事業」では「文楽」を、小学校、中学校では「和楽器アンサンブル」、「落語」や「狂言」を楽しんで頂きました。
落語においては、4つの小学校と1つの中学校に三遊亭楽生さん(三遊亭円楽の一番弟子)他を、また一つの高校へは林家木久蔵さん他を招き、高座では児童・生徒を大いに楽しませていただきました。

新春には、この一年笑いに満ちた幸多い年であるようにと祈り、「初笑い」「笑う門には福きたる」というフレーズがよく使われます。
新年を迎えはや、ひと月が過ぎましたが、皆様、初笑いはお済ですか。まだお済でない方、また、忙しくて笑うことを忘れているような方がいらっしゃいましたら、どうぞパティオにお出かけ下さい。笑うことは体にも良いと医学的にも検証されているようですよ!!

パティオで初笑いといえば、春に恒例となりましたパティオの落語会を、今年も開催します。今回は「粋」で「いなせ」な豪華落語家による見ごたえ、聞きごたえたっぷりの三人会です。
落語会をリードする若手実力派 柳家花緑さん、人気長寿番組でお馴染みの 林家三平さん、センス抜群の古典落語家 桃月庵白酒さんと、豪華三人による爆笑必至の落語会です。
2019年3月10日(日)かきつばたホール 14:00開演です。全席指定席で、只今チケット好評発売中です。
「体」も「心」もケアする落語会にどうぞご家族ご友人をお誘いあわせの上お越しください。お待ちいたしております。

落語

花緑・三平・白酒 三人会
2019年3月10日(日) 14:00開演
かきつばたホール
チケット好評発売中
詳細はこちら
スポンサーサイト