FC2ブログ

【すたっふNOTE】文楽ふれあい交流会

皆さんこんにちは。スタッフCです。
今回は、11月11日に開催するイベント<「知立の山車文楽」上演・ふれあい体験>についてご紹介します。

文化会館の中庭に展示されている山車の幕が、クラウドファンディング等の寄付金で新しくなったことを記念して、新しい幕のお披露目と山車文楽等の上演を行います。
上演後には、人形遣い体験や山車を間近で見て触れる、伝統芸能ふれあいコーナーもあります。
2016年12月に「知立の山車文楽とからくり」がユネスコ無形文化遺産に登録されてから、約2年が経とうとしています。
知立が世界に誇る伝統を身近に感じていただける機会をぜひお楽しみください。

光のパティオ・山車

【日時】
11月11日(日)10時~12時10分
【場所】光のパティオ(屋外)ほか
【料金】無料(上演・体験とも)
【内容】
10時~ 開会式  
10時5分~ 知立山車文楽保存会 宝町人形連「二人三番叟」上演  
10時25分~ 義太夫お試し教室「傾城阿波の鳴戸 順礼歌の段」発表  
10時45分~ ちりふ座「壺坂観音霊験記」上演  
11時40分~ 伝統芸能ふれあい・体験(人形遣い体験、黒子&下駄衣装体験、山車に触れる体験) 

文楽ふれあい体験(イメージ)

※ふれあいコーナーでは、模型やレプリカを使用した視覚サポートを行います。希望の方は知立市文化会館へご予約ください。
※時間は目安です。進行状況によって前後する場合があります。
※雨天時は一部内容を変更して行います。

助成/一般財団法人地域創造(市民とつくる舞台芸術プロジェクト)

公演HPはこちら
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply