FC2ブログ

草取り

暑中お見舞い申し上げます。
先月23日は、暦の上で一番暑い期間が始まると言われる「大暑」でした。
この日は全国各地で気温が40度を超えるなど、このところ記録的な暑さが続き、熱中症、熱射病の話題が毎日のように取り上げられていますが、くれぐれもご自愛ください。   
当会館の樹木たちも、夏の日差しにじりじりと灼かれ、ぐったりしているように感じられる一方で、雑草たちは灼け付く土の中でも夏草特有のむっとする匂いを放ち、こちらの除草作業をものともせず繁殖しています。
当会館を運営する私どもは、ご来館される皆様に、事業の内容で喜んでいただくことが大きな使命でありますが、ここを訪れ、最初に目にすることになる緑の環境を整えておくことも、イメージアップにつながる大切なことであると考えます。
しかし、そのような思いを持ちながらも、常に良い状態にしておくことは並大抵ではありません。
特に、グランドカバーの「芝」「タマリュウ」や、「ツツジ」など寄せ植えの中に生える「チガヤ」は大変な厄介者です。
「チガヤ」はイネ科の多年草で、地上部を刈り取っても地下茎(根)からすぐに再生してしまうため、完全に除去するためには、掘り返し地下茎を全て取り除く必要がありますが、この作業では植栽を痛めてしまうことになります。
結局、景観を保つため、伸びた葉をくり返しくり返し刈り取る地道な作業をしていますが、埒があきません。良いお知恵をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非お教えください。
そんな中、毎年頼りになるのが「公益社団法人 知立市シルバー人材センター互助会」の皆様による、緑地の草取りボランティアです。皆さんは、公演鑑賞にご来館いただく方をはじめ、中には会館の業務に従事される方などもおり、多くの方々がこの施設への愛着を表現していただいていると、本当に有難く感じております。
今年は去る6月23日、あいにくの梅雨空で蒸し暑い中、終盤には雨も降り始めましたが、きつい作業にもかかわらずたくさんの方に丁寧な作業をしていただきました。
おかげさまで大変美しい緑地となりました。職員一同喜んでおります。
会長様をはじめ、参加していただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

シルバー草取り②
公益社団法人 知立市シルバー人材センターHPより

シルバー草取り①

スポンサーサイト