水無月です

  • 2018/06/10(日) 00:00:01

街ゆく学生の装いも真っ白な夏服に衣替えしたようです。また、紫陽花が咲き始め、梅雨入りの報道が気にかかるこの頃です。
ところで、6月を「水無月」と言いますが、この梅雨時に水が無いとは と疑問に思いその由来を調べてみました。
旧暦6月は新暦の6月下旬から8月上旬にあたり、由来はいくつかあるようです。
一つは、「無」は「無い」ではなく助詞の「の」であり、田に水を引く時期であることから「水の月」という説、二つ目は、逆に梅雨が明け、太陽が照りつける暑さで水が干上がることから、文字通り「水無月」という説、そして、三つ目は、この時期田植が終わる頃で、大仕事を皆やり尽くしたということで「皆仕尽(みなしつき)」から変化したという説です。(weathernewsより引用)

さて、話題は変わりますが、先日「おやこDEパティオ」の「あかちゃんひろば」の様子を見させていただきました。たくさんの親子が参加され、おもちゃ遊びや、保育士さん、パティオ・ウェーブの皆さんによる体操、絵本の読み聞かせ、紙芝居など盛りだくさんのメニューが展開されていました。 抱っこしながら車座になり近況を語り合っているのでしょうか。一方ではいはい組はおもちゃに触れて夢中の状態、そんな我が子の様子を見守りながら、母親同士で会話が弾んでいます。リーダー役の保育士さんに話しかけている方もいます。部屋中に笑顔の時間が過ぎていきます。そんなふれあいの時間の中で、同じような不安や悩みを抱えている方がいることに気付き、自分だけではない、我が子だけではないと安心し励まし合える機会になっているようです。 

最近、核家族化が進む現代社会においては子育て中の母親は孤独になりがちだと、よく耳にしますが、心配や不安があっても相談相手がいない方もいることでしょう。「あかちゃんひろば」は1歳半までのお子さんを対象に、誰でも気軽に参加できて親子の交流や、仲間づくりの場となっていますので、この機会に是非一度この「あかちゃんひろば」を訪れてはいかがでしょう。

0602.jpg
※おやこDEパティオの様子

スポンサーサイト