FC2ブログ

【すたっふNOTE】 東京芸術座『夏の庭』

みなさんこんにちは、スタッフTです。本日は、もうすぐ例会100回を迎える刈谷・知立・安城おやこ劇場との連携事業として開催する、東京芸術座の『夏の庭-The Friends-』をご紹介します。
この作品は、湯本香樹実の小説を原作に、東京芸術座によって舞台化され、全国のおやこ劇場や学校等でも数多く上演されています。一人の孤独な老人と三人の少年たちとの奇妙な関係を通して、現実感が希薄な現代社会でどのように「生」と「死」を実感するのかというテーマに、児童文学特有の「成長」という王道的な主題を重ねて描かれた作品です。

小学校最後の夏休み、「人間は死んだらどうなるんだろう」という疑問を抱えた少年三人組が、町はずれのぼろ家にひとりで暮らすおじいさんが死ぬ瞬間を見るために、おじいさんの<観察>を始めます。最初は生きる意欲を全く感じられなかったおじいさんですが、少年たちと喧嘩のような会話をするようになってから、不思議と元気になっていく様子。しだいにお互いの孤独や葛藤を知り、少年たちはおじいさんのためにある計画を実行する・・・

現代を生きる中で私たちが直面するさまざまな障壁、それに立ち向かっていく勇気を与えてくれる演劇公演です。思わず笑いが起こるような、おじいさんと少年たちの遠慮のない会話のやりとりに、「生きている」エネルギーを感じていただければと思います。大人の方はもちろん、お子さんやお孫さんもご一緒に、是非お楽しみください。

東京芸術座『夏の庭』表

刈谷・知立・安城おやこ劇場例会100回記念公演
東京芸術座『夏の庭』
日:4月22日(日)
時:16:00開演(開場は開演の30分前)
会場:かきつばたホール
詳細はコチラ
スポンサーサイト