高齢者と呼ばれたくない60代

  • 2017/10/10(火) 00:01:00

10月に入り朝夕めっきり涼しくなり、心地良いそよ風を肌で感じる状態へと変化し、秋の訪れを実感するような気候となってきました。しかし、日によっては30度近い気温になることもあり、以前の衣替えは10月からと決まっていたように思いますが、寒暖の差が激しい昨今の気候では、必ずしもそうとは言えなくなってきた感があります。皆さんも体調には充分に注意していただきたいと思います。
先月、敬老の日に合わせて、国より高齢者人口の推計が発表されました。その内容としては、65歳以上の高齢者人口が3,461万人で総人口の27.3%、75歳以上の人口が1,697万人で総人口の13.4%、これは4人に1人が65歳以上の人、8人に1人が75歳以上の人となり、益々高齢化が進んでいるとの報道がありました。
そうしたなか、テレビから流れてきた「65歳以上の高齢者」という響きを耳にしたとき「自分も高齢者の仲間入り」なのか---!「ちがうだろ!」と、今年よく耳にしたフレーズの気分でもありました。事実、今年になって日本老年学会から、現在の65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言が発表されました。これは医療の進展や生活環境の改善により、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断されたようです。これも個人差によって大きな違いがありますが、私自身もそうですが、まだまだ元気なのに高齢者呼ばれされることに違和感を抱く人は少なくないと思いますし、平均年齢が80歳を超えている現在、おそらく皆さんの周りにも80歳を超えて、なお何らかの活動を元気に行っている方が大勢みえると思います。今や、60代は「高齢者」という言葉が当てはまらない時代になったと言えます。

こうした高齢化社会を迎えるにあたって、定年延長や年金の受給年齢の引き上げ問題など、日本社会が大きく変革しようとしています。私自身、町内の老人クラブの一員ですが、同じように加入年齢の引き上げ議論も出てきても不思議ではない現実です。
パティオ池鯉鮒は、今月より後半戦に入りました。現在では、今後の事業遂行と並行して、来年度事業の計画策定に取り組んでいるところであります。子どもから高齢者など、幅広く多彩なジャンルの事業が開催できるよう計画してまいりますので、楽しみにしていてください。

スポンサーサイト