知立市指定管理者選定等委員会より『高い評価を頂きました。』

  • 2017/09/10(日) 00:00:00

平成15年に地方自治法の一部改正により、地方公共団体が設置する公の施設について、市民サービスの向上、効率的な管理運営、多様化するニーズへの対応、利便性等の更なる向上を目的として、管理運営を地方自治体に代わって民間会社を含む、法人やその他の団体に委託することができる『指定管理者制度』が施行されました。そうした制度改正に伴って、市では多くの公の施設について従来のとおり直営でいくのか、指定管理者で行っていくかの選択が行われました。その結果パティオ池鯉鮒を含む、6施設が民間・NPO法人等が、議会の議決を受けた後、市から指定管理者として指定を受け、施設管理等の業務を委ねられることとなりました。

そうしたなか、私どもの一般財団法人ちりゅう芸術創造協会は、市からパティオ池鯉鮒の指定管理者として
・平成18年度から平成20年度まで 3年間
・平成21年度から平成25年度まで 5年間
・平成26年度から平成30年度まで 5年間(委託継続中)
継続指定を受け、施設管理は勿論のこと、自主文化事業として、教育普及事業・人材養成事業・鑑賞事業・創造事業・連携事業など、幅広い分野の文化芸術の推進に取り組んでいるところで有ります。

毎年度、事業終了後には事業報告書を作成し、市長に提出することとなっており、今年度当初においても事業報告(28年度事業)をさせていただきました。その後、指定管理者制度導入の目的である住民サービスの向上等が適切に図れているかを検証するため、市役所外部の委員で組織された『知立市指定管理者選定等審査委員会』の評価を受けました。評価結果については、施設管理、貸し館事業、自主文化事業など適正な管理運営が行われており、自主事業としてコンサートを中心に、地域に根ざした様々な取り組みが行われていることに対し評価していただきました。一方、収益が見込める事業については、最大化に務めること。施設利用者が前年度と比較して減少している。稼働率の低い茶室に対し、新たな利用者の獲得に努力すべきなどの奮起を促す意見も頂きました。なお、評価結果報告書につきましては、市のHP(リンク)にて公開されていますので一度ご覧下さい。

今後ともパティオ池鯉鮒のスローガンである『地域にねざす したしみと にぎわいの会館』をスローガンに、今回の評価結果に甘んずることなく、引き続き市民から愛され、必要とされる会館に成り得るよう職員一丸となって努めてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト