文化芸術の将来を託す子ども達を支援していきます!

  • 2017/08/10(木) 09:44:06

最近、将棋・卓球・スケートといった様々な分野で中学生が活躍する報道がされています。そのなかでも、特に大きな話題として挙げられるのが、地元・愛知在住で棋士の藤井将太四段ではないでしょうか。先月やっと15歳の誕生日を迎えたばかりの中学三年生です。

彼は、並み居る大人の先輩プロ棋士との公式戦、29連勝という歴代の連勝記録を塗り替える快挙を果たしました。連勝がストップした後は、少し控えめにはなりましたが、連勝中は、連日マスコミに取り上げられ、ニュースを耳にしない日はありませんでした。大相撲で小兵力士(昔、舞の海・今、宇良など)が大きな力士に勝った時のように、何かスカッとした心地よい気分を感じ取ることができたのは、私だけではなかったと思います。また、成績もそうですが物怖じせずに対応する言動は、多くの人から驚きの声が上がり、特に同じ中学生の子どもを持つ親にしてみれば、どのように子育てをすれば、あのような子に育つのかといった声が聞かれたのも無理のない出来事でした。

彼がどうして若いのにあのように素晴らしい活躍ができるのか、多くの要因があると思いますが、私なりに考えますと、並はずれた「集中力の持ち主」であると同時に、勝負ごとに極めて重要な人一倍「負けず嫌いな性格」を持ち合わせていることだと思います。泣き虫愛ちゃんとして有名になった卓球の福原愛選手が、対戦に負けた時に泣いていた映像を思い出しますが、藤井将太四段も同様に幼少のころから負けた時は、悔し涙を流していたと師匠のコメントがありました。いずれにしても末恐ろしいと思うと同時に、大いに楽しみな中学生が登場したものです。現在では、彼の卒業後の進路が話題になっており、高校へ進学するのか、即プロ棋士の道へ進むのか悩んでいると報道されており、注目していきたいものです。

パティオ池鯉鮒は、今年も幼保育園小中学校巡回事業として、生の舞台芸術を届けていますが、今後とも地域の文化芸術の継承者となる可能性の高い子どもたちに対し、奥深い文化芸術を鑑賞する場であり、そして自ら楽しく、心地よく演じられる「機会」と「場」を提供できるよう、様々な事業および適正な施設管理を会館として取り組んでいきます。また、将来、パティオ池鯉鮒を利用した子どもの中から、藤井将太四段のように多くの方に認知され認められる芸術家が誕生することを願いつつ、子どもたちの文化芸術活動への支援を更に強く意識していきたいと思います。

スポンサーサイト