【すたっふNOTE】避難訓練コンサートに込めた想い

  • 2017/02/25(土) 08:37:31

いつものように朝目覚め、緩やかに繰り返される生活を送る、そして時には家族との楽しい時間、あるいは好意を持っているにも関わらず仲違いしてしまう、そんなありふれた光景があふれている「日常」。この当たり前のはずの日々が時として大きな災害によって奪われてしまう瞬間を、私たちは今から6年前の「東日本大震災」による惨状を通して経験しました。そして「日常」が本当にかけがえのないものであり、これを少しでも守るためにどんな事が必要かという事を考え続けています。

被災から3年を経て、まだ癒えぬ傷跡が多く残る福島の地に、多くの被災地ボランティア参加者の一員として訪れた私は、大きな衝撃を目の当たりにしました。そこには津波がすべてをさらってしまった事を想像するまでもなく、何も残っていませんでした。市街地の頑丈な構造の建物はかろうじてその骨格を残していましたが、巨大生物の肋骨のように黒くたたずみ、衣服、日用品、そして自動車までもがそこへ絡み合っていました。私たちは否が応でも、逆らい難い自然の猛威を認識することとなりました。そして、このような災害には抗うのではなく、安全を少しでも確保するために、日常的に行動を考え・備えることが大切であると意識するようになりました。

日頃から、当会館では来館者のための施設の安心・安全を意識しており、そのためにはイベント開催時に地震が起こった際、いかにお客様に対応するかという事は大きな課題でありました。そんな折、愛知県内でも豊田市コンサートホール・能楽堂、武豊町民会館、名古屋市公会堂などの文化施設が、「避難訓練コンサート」と題してコンサートとその来場者への避難体験を組み合わせた企画が始められており、これらの事業に来場者の一員として参加するとともに、施設を管理する団体の皆さんからアドバイスをもらって、パティオ池鯉鮒でも「避難訓練コンサート」をスタートさせました。

回数を重ね今回で4回目のコンサートになりますが、毎回の課題を次回の避難訓練コンサートで活かすようにして、スパイラルアップしております。多くのお客様がお見えになればもっといろいろな気づきや課題を抽出でき、さらなる安心安全につなげることができます。愛知県警察音楽隊による演奏・演技と地震発生時の避難行動を体験できる「避難訓練コンサート」へ、ぜひ多くの皆さんのご来場を、心よりお待ちしております。

パティオ池鯉鮒では、今後も皆さんが笑顔で安心して会館での文化芸術活動に取組むことができるよう施設の管理・運営に取組んで参ります。(スタッフt)

避難訓練 HP

避難訓練コンサート

日時:2017年3月11日(土) 14:00開演(13:30開場)
会場:かきつばたホール
出演
愛知県警察音楽隊
愛知県警察音楽隊カラーガード隊「フレッシュ・アイリス」

詳細はコチラ

スポンサーサイト