FC2ブログ

ユネスコ無形文化遺産の登録勧告~国の無形民俗文化財が世界の無形文化遺産へ~

先月の10月31日(月)に、日本のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載(ユネスコ無形文化遺産登録)に向けて提案されたていた「山・鉾・屋台行事」が、無形文化遺産保護条約政府間委員会の評価機関より「記載」の勧告があり、ユネスコ無形文化遺産公式サイトに公表されました。本勧告を受け、11月28日~12月2日の間、アディスアベバ・エチオピアで開催される第11回政府間委員会において最終決定がなされると、文化庁より発表がありました。
知立を含む全国の18都道府県、計33件の行事関係者は、念願のユネスコ登録への前進に歓喜の声をあげたことでしょう。特に愛知県内では、本登録に5件が含まれており、稀にみる盛り上がりとなっております。時を同じくして、「あいちトリエンナーレ2016」の熱気も冷めやらぬ中、国民文化祭が10月29日(土)から12月3日(土)までの36日間にわたり、県内各地において盛大に開催されています。

当知立市においても11月27日(日)に全国各地の人形浄瑠璃保存団体による『全国人形浄瑠璃の祭典in池鯉鮒』をパティオ池鯉鮒で開催し、その中で、知立山車文楽・からくり保存会の上演もご覧いただけます。本物の山車ではなく、劇場用の山車レプリカを使用しての上演になりますが、多くの方のにぎわいの中での鑑賞となる知立祭りの臨場感に、勝るとも劣らない快適な劇場空間でご覧いただけることでしょう。

公演には京都市立芸術大学の名誉教授 後藤静夫氏のわかりやすい解説と出演団体の代表者によるお話を交えながらお届けしますので、初めての方も安心してご鑑賞いただけます。朝から夕方までの長い公演ではありますが、当日会場では、知立名物「大あんまき」やお弁当などの軽食の販売もございますので、一日中日本が誇る伝統芸能である全国各地の人形浄瑠璃・文楽をお楽しみいただけます。入場無料です。是非とも、お誘いあわせの上ご来場ください。

国文祭 表
『全国人形浄瑠璃の祭典in池鯉鮒』
開催日:11月27日(日)
開 場:9:00・全席自由席
開 演:9:30 終演予定:16:00
【出演団体】(出演順に掲載)
 ・知立山車文楽保存会 山町人形連
・阿波人形浄瑠璃 ふれあい座 (徳島県松茂町)
・相模人形芝居  長谷座(神奈川県厚木市)
 ・讃岐源之丞保存会(香川県三豊市)
・知立からくり保存会 西町唐操師
・島文楽保存会(愛知県一宮市)
・和知人形浄瑠璃会(京都府船井郡京丹波町・
 ・鯖江人形浄瑠璃「近松座」(福井県鯖江市)
・知立山車文楽保存会中新町人形連
スポンサーサイト