FC2ブログ

【館長ブログ】桜の命は短いけれど、パティオの文化・芸術は永遠に!

卒業・入学・入社シーズン到来といった人生の変わり目に合わせるように咲き、日本人が愛してやまないのが桜です。今年は寒の戻りが予想され、例年以上に長く楽しむことができると事前に予想されていましたが、桜前線はあっという間に北上してしまったような気がします。見ごろは過ぎてしまいましたが、知立市内でも桜のおすすめスポットとして楽しめる場所が幾つかありますが、ご存知でしょうか?
その一つが当パティオ池鯉鮒の裏の間瀬口川沿いと、知立中学校北側明治用水のせせらぎ沿いの桜並木がお勧めの場所です。一度、足を運び心を和ませてみてはいかがでしょうか。また、あまり知られていないと思いますが、全国的にも「桜の名所」として有名で、友好都市である伊那市議会から寄贈された、ソメイヨシノよりも花の色が濃い、「高遠のコヒガンザクラ」2本が当会館の駐車場内に植わっていることをご存知でしょうか。今年も濃いピンク色の桜が見事に咲きましたが、残念ながらこのブログのアップ時には、このコヒガンザクラは散っていると思います。来年の開花までお待ちください。
桜の季節は終えようとしていますが、新年度のパティオ池鯉鮒の管理運営及び事業展開は1年中花盛りです。前年度を振り返ってみますと、私自身も館長就任から一年が経過し、不慣れな分野での仕事に戸惑うこともありましたが、良き職場の仲間や、ボランティア組織であるパティオ・ウェーブの皆様方をはじめ多くの方のご理解、ご支援により老若男女を問わず幅広い文化・芸術のサービス提供が盛況のうちに終えることができたものと確信しております。こうしたことに、皆様方にはブログを通してではありますが心より感謝申し上げます。
今年度についても、安心・安全・快適な施設管理の基に貸館事業、幼稚園・保育園・小中学校の子どもたちに生の芸術を届ける巡回事業、更には「つるの剛士・八神純子」といった人気アーティストによる文化事業、そして恒例となっています落語会は「三遊亭円楽」を迎えるなど、老若男女を問わず幅広い事業の計画をしておりますので、ご期待ください。なお、事業内容につきましては、市広報・会館HPなどを通して発信していきますのでご覧いただきたいと思います。
k1302646461.jpg
k472832515.jpg
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply