【すたっふNOTE】渋さ知らズオーケストラ in Chiryu  

  • 2018/01/25(木) 18:45:44

みなさん、こんにちは。スタッフのHです。
今回は前々回に引き続き2月12日(月・祝)に開催する「渋さ知らズオーケストラin Chiryu」をご紹介させていただきます。

重ねてのご紹介で、皆様ご存じとは思いますが、渋さ知らずズオーケストラとは、フリージャズを基調とした演奏に、ダンスや美術、その他のパフォーマンスが混じりあったジャンルレスな音楽集団です。フリージャズというと前衛的で聴きにくい音楽のようなイメージがあるかもしれませんが、渋さ知らズは、クラシック音楽でいうところの指揮者のような存在の「段取リスト」、不破大輔氏により、音楽全体がコントロールされています。一聴すると個人個人が好き放題演奏しているようですが、実はきちんと統制が採れており、独特の熱気と緊迫感のある演奏になっています。

本公演では1月26日まで募集しておりました、渋さ知らズのメンバーと一緒に公演当日コンサートを盛り上げていただく「盛り上げ隊」の出演もあります。「盛り上げ隊」には、公募による市民参加者のほかに、特別ゲストとして知立山車文楽保存会の山町人形連と、当館のホールボランティア「パティオ・ウェーブ」の参加もあり、知立ならではのコンサートがお楽しみいただけます。

かつて感じた事がない熱気あふれる、刺激的なステージをご用意しておりますので、是非みなさまお誘い合わせのうえご来場ください。
sibusa.jpg

市民とつくる舞台芸術プロジェクト
しみん音楽会
渋さ知らズオーケストラ in Chiryu
2018年2月12日(月) 17:00開演
パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)かきつばたホール
詳細はコチラ

スポンサーサイト

本年も「パティオ池鯉鮒」よろしくお願いします!

  • 2018/01/10(水) 10:35:26

P1510901.jpg

新年あけましておめでとうございます。2018年がスタートしました。
三が日は穏やかな天気に恵まれましたが、皆様はどのように新しい年を迎えられましたか?初詣に出かけたり、親戚の家に出向いたり、迎えたり、それぞれ慌ただしいなかにも何か清々しく感ずる新年を過ごされたことと思います。

そうしたなか私は、年末からの体調不良を引きずり残念な年越しとなってしまいました。
当初、発熱と鼻水の症状で風邪でも引いてしまったかと思い、また完治の状態で新年を迎えたいという思いから病院へ行き診察を受けました。ところが診察結果は、治りかけているインフルエンザという思いもよらない診断でありました。そこで真っ先に頭をよぎったことは家族、職場の人に感染させていないかという不安でありましたが、幸いにも周りの人への感染という話は聞かれなく一安心。新年早々から改めて健康であることの大切さを実感させられた正月でした。
今年度の自主事業も残り少なくなってきましたが、昨年12月に実施しました「パティオDEクリスマス」は大盛況の内に終えることが出来ました。ベビーカーに乗った小さなお子さんや、近隣の福祉施設関係の方々など、期間中、約10,500人の多くの皆さんにお越しいただき大変に嬉しく思っております。これには会場準備、後片付け、そして期間中における来場者に対する対応などに、パティオ池鯉鮒ホールボランティアであるパティオ・ウェーブの皆さんにお力添えいただきましたパティオの冬の恒例行事にご来場いただいたみなさん、そしてご来場のみなさんへ楽しいひとときを提供したパティオ・ウェーブのみなさんへ、この場をお借りして職員を代表して感謝申し上げます。
なお、こちらも毎年人気の高い恒例の「ニューイヤーコンサート」が今月の21日(日)に予定されておりますが、チケットの売れ行きも好調で、バルコニー席が残りわずかとなっておりますのでお早めにお求めください。

最後になりますが、本年も昨年に引き続き文化芸術の拠点施設として、また会館のスローガンである『地域にねざす したしみと にぎわいの会館』を強く意識し、皆様のご期待に添えるよう精一杯努力してまいりますので、「パティオ池鯉鮒」へ変わらぬご理解とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。