新年度がスタートしました。変わらぬご 支援を!

  • 2017/04/10(月) 00:01:00

P1420638.jpg

パティオ池鯉鮒の館長職に就任して三度目の春を迎えました。その間、慣れない業務でありましたが、多くの皆様に支えられながら当会館のスローガンである「地域にねざす したしみと にぎわいの会館」の推進を使命とし、文化芸術の拠点施設であると同時に、重要なコミュニティ-機能を果たす場に成り得るよう奮励してきたところであります。
春は別れと出会いの季節と言われますが、どんな人に出会い、どんな出来事にあうかによって人生も大きく変わってきます。過去を振り返れば、あの時にあの人に出会ったこと、またあの出来事があったからこそ、今が存在している、ということは、どなたでも思い当たることと思います。そうしたなか、当協会において4月1日付の事務局長職に人事異動がありました。

先月末をもって退職された前事務局長は、現在の知立市の文化芸術の道を切り開いてきた先駆者の一人と言っても過言ではないと思います。また、パティオ池鯉鮒の建設にも大いに尽力され、昭和55年当時、市内には固定席ではない500人定員の市庁舎に併設された中央公民館(現在もあります)はありましたが、隣接市には立派な会館があるのに、知立市には無いということもあって、市民の多くがもう少し広くて、舞台芸術の上演や鑑賞のできる固定席のホールが欲しいと声を上げられた市民のお一人でした。その間、昭和59年には第三次総合計画にホールの検討が位置づけられると、立ち上げられた各種の委員会の委員として、ホールのハード・ソフト両面に亘って建設基本構想の策定において、中心的な役割を果たされてきました。そんなこともあって前事務局長にとってパティオ池鯉鮒は、可愛い我が子のような存在であると思います。そんな思いを後任の新事務局長が引継ぎ、職員と一丸となって会館運営に取組んでいきますので、これからも健康には留意され、違った立場でパティオ池鯉鮒をご支援いただきたいと願っております。

今回、ブログ筆耕にあたり22年前当時の資料に目が留まりました。市民ホール(仮称)建設基本構想のなかでの基本的な理念として、次の五つの建設の目標が掲げられていました。
① 新たな文化創造の場
② 文化情報発信の場
③ 市民の文化活動・交流センター
④ 質の高い文化芸術鑑賞の場
⑤ 地元文化団体の発表の場
現在のパティオ池鯉鮒の運営は、当時掲げた五つの理念にブレることなく着実に踏襲していることを再認識することが出来ました。これもひとえに、会館オープン前から組織されたボランティア組織であるパティオ・ウェーブの皆さんを筆頭に、多くの会館利用者、地域住民の皆様方のご支援の賜物と思います。まことに感謝の一言です。

新たな年度がスタートしました。今では、貸館や自主事業への参加者など、会館利用者は、年間約20万人を超える多くの方にお越しいただいておりますが
本年度においても創意工夫に取り組み、皆様方の期待に添える事業メニューを盛りだくさん揃えておりますので、皆様お誘い合わせのうえ、ぜひ足をお運びくださいますようお願い申し上げます。

P1420645.jpg

※写真は会館南側にある桜並木の散歩道(上)と駐車場にある芝桜(下)

スポンサーサイト