【すたっふNOTE】避難訓練コンサートに込めた想い

  • 2017/02/25(土) 08:37:31

いつものように朝目覚め、緩やかに繰り返される生活を送る、そして時には家族との楽しい時間、あるいは好意を持っているにも関わらず仲違いしてしまう、そんなありふれた光景があふれている「日常」。この当たり前のはずの日々が時として大きな災害によって奪われてしまう瞬間を、私たちは今から6年前の「東日本大震災」による惨状を通して経験しました。そして「日常」が本当にかけがえのないものであり、これを少しでも守るためにどんな事が必要かという事を考え続けています。

被災から3年を経て、まだ癒えぬ傷跡が多く残る福島の地に、多くの被災地ボランティア参加者の一員として訪れた私は、大きな衝撃を目の当たりにしました。そこには津波がすべてをさらってしまった事を想像するまでもなく、何も残っていませんでした。市街地の頑丈な構造の建物はかろうじてその骨格を残していましたが、巨大生物の肋骨のように黒くたたずみ、衣服、日用品、そして自動車までもがそこへ絡み合っていました。私たちは否が応でも、逆らい難い自然の猛威を認識することとなりました。そして、このような災害には抗うのではなく、安全を少しでも確保するために、日常的に行動を考え・備えることが大切であると意識するようになりました。

日頃から、当会館では来館者のための施設の安心・安全を意識しており、そのためにはイベント開催時に地震が起こった際、いかにお客様に対応するかという事は大きな課題でありました。そんな折、愛知県内でも豊田市コンサートホール・能楽堂、武豊町民会館、名古屋市公会堂などの文化施設が、「避難訓練コンサート」と題してコンサートとその来場者への避難体験を組み合わせた企画が始められており、これらの事業に来場者の一員として参加するとともに、施設を管理する団体の皆さんからアドバイスをもらって、パティオ池鯉鮒でも「避難訓練コンサート」をスタートさせました。

回数を重ね今回で4回目のコンサートになりますが、毎回の課題を次回の避難訓練コンサートで活かすようにして、スパイラルアップしております。多くのお客様がお見えになればもっといろいろな気づきや課題を抽出でき、さらなる安心安全につなげることができます。愛知県警察音楽隊による演奏・演技と地震発生時の避難行動を体験できる「避難訓練コンサート」へ、ぜひ多くの皆さんのご来場を、心よりお待ちしております。

パティオ池鯉鮒では、今後も皆さんが笑顔で安心して会館での文化芸術活動に取組むことができるよう施設の管理・運営に取組んで参ります。(スタッフt)

避難訓練 HP

避難訓練コンサート

日時:2017年3月11日(土) 14:00開演(13:30開場)
会場:かきつばたホール
出演
愛知県警察音楽隊
愛知県警察音楽隊カラーガード隊「フレッシュ・アイリス」

詳細はコチラ

スポンサーサイト

是非お越しください。 お待ちしています!「ハートフルコンサート」

  • 2017/02/10(金) 00:00:27

知立市内の障害者団体及び関係団体は、今まで独立し各々で活動されていましたが、昨年4月1日より、新たに、知立障がいフォーラム「リングC」という一つにまとまった活動団体が組織されました。
今回、この記念すべき設立の機会に、市及び新組織が主体となって、障がいのある方もない方も気兼ねなく文化芸術に触れ合うことができる劇場という空間の場で、気軽に音楽を楽しんでいただく鑑賞事業が、「ハートフルコンサート」としてパティオ池鯉鮒で開催されます。
「社会包摂」という聞きなれない言葉がありますが、意味としては「社会的に弱い立場にある人々に社会参加の機会を開き、社会的課題の緩和や解決に取り組む継続的活動のこと」と言われています。こうしたことから、パティオ池鯉鮒では文化芸術に備わる特性を活かし地域の劇場の果たす役割の一つとして、平成24年度から、容易に会館に来られない子どもたちのために、市内の幼保育園及び小中学校などに音楽・演劇といった生の芸術を直接届け、体験し身近に触れてもらえる巡回事業を積極的に取り組んでいます。
そうしたなか、パティオ池鯉鮒では今回のコンサートは極めて重要な事業として捉え、障がいのある方と、その関係者の方たちを中心に開催・運営されるこの企画を全面的な支援体制で臨んでいます。
現在では「リングC」の役員の皆さんと会館職員とが連携しながら、普段、劇場に足を運んで音楽に触れることが難しい方でも安心して楽しめて、誰にでもオープンなコンサートになるよう企画を推進しているところです。
コンサートの構成として、第1部では障がい者団体有志によるコーラス発表、そし、て、第2部のメインコンサートは、「CoCoRoni」という名古屋をベースに活躍する若手声楽家たちによる、日本の懐かしく美しい歌のコーラスユニットです。
現在、障がい者の方たちは、慣れないステージでの本番に向けて猛特訓中であると聞いており、どのような発表になるか今から楽しみにしたいと思います。
障がい者の方を支援するかたちは様々であると思います。
知立市、そしてパティオ池鯉鮒にとっても、本格的なコンサートとしての支援は初の試みですが、障がいのある人もない人も一緒に舞台を楽しんでもらい、楽しいひと時を皆さんで感じていただければと思っております。是非ともお誘い合わせのうえ多数のご来場をお待ちしています。


ハートフルコンサート HP 

日  時  平成29年3月19日(日)
       開演:午後2時(開場:午後1時30分)
主  催  知立障がいフォーラム「リングC」・知立市
共  催  一般財団法人ちりゅう芸術創造協会
後  援  知立市教育委員会
会  場  知立文化会館:かきつばたホール
入場料   500円
       ※3歳以下の膝上鑑賞は無料
その他   要約筆記・手話通訳あり
       車いす席をご利用の方は、事前にご予約ください。

新たに組織された組織団体
知立障がいフォーラム「リングC」
    ↑       ↑
〇市内の障者害団体及び関係団体
(1)知立市身体障害者福祉協議会 
(2)知立市聴覚障害者協会     
(3)知立手をつなぐ育成会      
(4)社会福祉法人けやきの会
(5)NPO法人かとれあ福祉ネット