【すたっふNOTE】お月見ジャズコンサート

  • 2015/09/25(金) 15:11:11

皆さんこんにちは。スタッフのHです。昨年実施しました「ふれあいコンサート特別編~お月見ジャズコンサート~」を好評につき今年も開催します。
今回の出演はdrunken fish(ドランケン・フィッシュ):ギター、キーボード、ベース、ドラム、パーカッションの5人編成で、それぞれがバンドマスタークラスで活躍している実力者揃いのバンドです。残念ながらパーカッションの方が都合により出演出来なくなり、今回は4人での演奏になりますが、それでも、熟練のメンバーによる胸が熱くなるような演奏が聴けることでしょう。特にバンドリーダー渡辺のりおさんのエネルギッシュなギターソロは必見です。

プログラムでは、アップテンポの曲もあれば月をテーマにしたロマンチックなスタンダード「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」も予定しています。また、徐々に盛り上がっていく展開が魅力のバンドオリジナルのバラ―ド「スーパー・ラブ・ソング」は特におすすめの曲です。

当日は、仲秋の名月を背景に素敵な演奏会をお楽しみいただきたいと願っていますが、雨天の場合は屋内の花しょうぶホールに会場を移しますのでご了承ください。どちらの会場でも、入場無料でどなたでも気軽にジャズをお楽しみいただける内容になっておりますので、皆さまお誘い合わせの上、ご来場をお待ちしております。

※当日会場レストランでソフトドリンク、ビール、おつまみなどの飲食物の販売あり(アルコール類は、お車でのご来場者には提供できませんので、あらかじめご了承ください)

第148回ふれあいコンサート特別編 
お月見ジャズコンサート
日時:9月29日(火) 19:00開演(18:30開場)
場所:光のパティオ(雨天時は花しょうぶホール)
※会館正面入り口前の中庭
入場無料
k1248354004.jpg

スポンサーサイト

【館長ブログ】「防犯カメラ」は命を守ってくれない!

  • 2015/09/10(木) 13:30:34

子どもたちの夏休みも残り少なくなってきたお盆の最中、日本中にショッキングなニュースが飛び込んできた。それは、中学一年生の男女が残忍な姿で殺害されたという事件である。同じ人間が行った行為として理解できないし、絶対に許すことはできない。

まだ13歳という若さで、命を奪われたことは本当に心が痛む事件であり、本人たちの無念と同時に、その年齢の子を失うことを我が身に置き換えて考えてみると、親御さんの心痛を察するに余りあるものがあります。また、同世代の子供をお持ちの親にとっても、他人事とは思われない心境であったに違いない。いつ自分の子供が被害者になるかもしれないという不安に駆られたことは、間違いないと思います。

あんな時間に13歳の子どもがどうしているのか?親はどうしているのか?といった疑念を持つのも事実である。しかし、そこには他人の我々には知る由もない、いろんな事情があると思われるが、結果的には深夜徘徊の危険性が招いてしまった悲劇であったと思う。

事件解決は長引いてしまうのではないかと懸念していましたが、容疑者が予想以上に早く逮捕されたことは、大変に朗報であった。改めて日本の警察が優秀で頼もしいと強く感じられたことはありません。こうした早期解決の要因として挙げられるのが防犯カメラの存在がありました。カメラの設置については、いままでも賛否両論の声があるのも事実でありますが、事件の解決に結びつくと思えば、目的と管理さえ万全に行えば、大いに設置に賛成です。知立市においても犯罪防止及び地域の防犯力の向上を図るため、駐車場への防犯カメラ設置補助を導入しているのもその証です。しかし、防犯カメラは命を守ってくれません。

今回のような悲劇が二度と起こらないためにも町内会、学校、警察、企業などとの連携を図りながら、地域における防犯体制をより強化し、安全で住みよい町になるよう強く望みたいものです。そして、お祭りやご近所づきあいなど、かつて、自然と形成されていたセーフティネットというべき地域コミュニティが薄れゆく中、人と人との絆の再興に、芸術文化が果たすべき役割も、まだまだ残されているのではないかと、思いを巡らせずにいられませんでした。
k455544331.jpg