【すたっふNOTE】おやこDEパティオ 未就園児のための音楽会

  • 2015/05/25(月) 11:57:21

皆さんこんにちは。スタッフのHです。

皆さんは初めて劇場でコンサートを鑑賞した時のことを覚えてますか?
覚えていない方もいらっしゃると思いますが、漠然と覚えている方も沢山いらっしゃると思います。私も2、3歳の頃に、母に連れられ劇場へ「トラや帽子店」のコンサートを観に行きました。はっきりとは覚えていませんが、「“小さな世界”や“世界中のこどもたちが”などを一緒に歌って楽しかったな」という記憶がいまでも残っています。初めて行った劇場の雰囲気やコンサートの一体感など、大人になってから見たコンサートよりも「楽しかった」という記憶が強く残っているので、今思うと子どもの頃のほうが純粋に心で見聴きしていた気がします。

前置きが長くなりましたが、今回は6月6日(土)に開催する、未就園児のお子さんと、保護者とで楽しむことか出来る「おやこDEパティオ 未就園児のため音楽会 あじさいファミリーコンサート」をご紹介します。
今回は県内で活躍する鍵盤ハーモニカカルテット、Flying Doctor(フライイング・ドクター)による、「アンパンマンのマーチ」などの子どもに人気の定番曲を中心に親世代にとっては、少し懐かしい「ジブリメドレー」などの曲もお届けいたします。
通常の座席のほか、よりくつろいでご鑑賞いただける「桟敷席」や、ベビーカーのまま鑑賞いただける席(エリア)もございます。お子さんや、子育てをするお母さん、お父さん、そして保護者のためのコンサートに是非お誘いあわせの上ご来場ください。
k1979251619.jpg

スポンサーサイト

【館長ブログ】芸術文化を通して市民サービスの向上

  • 2015/05/10(日) 11:52:57

先月、館長就任のあいさつに伺った時、相手の方から当会館の取り組みに対し、お褒めの言葉を頂き、清々しい気持ちにさせてもらったひと時がありました。

その方は転勤族で、「私は仕事柄、多くの市町で勤務し、パティオ池鯉鮒と同様な会館を多く見てきたが、知立市の文化会館の事業は大変にすばらしい。特に自主事業は他市にはない取り組みをされている」といったコメントでありました。このようなご意見を聞けたのも、今までに多くの方々に支えられ、支援されてきたことへの証しとして、感謝すると同時に、「引き続き皆さんの期待を裏切らないようにしなければ……。」といった強い気持ちを自分自身に言い聞かせながらの帰路でありました。

パティオ池鯉鮒は、平成12年7月の開館以来、今年で15年目の節目を迎えますが、当会館が行う事業は、行動指針として、会館当初より市民ホール建設の基本理念ならびに、平成24年に成立した「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」の主旨をふまえ、劇場の持つ社会包摂機能を生かした活動を行っています。
地域の芸術文化の拠点として、ここに住む人たちがそれぞれの豊かな心を育てる一助となる事業展開を意識し、文化活動に参加する皆さんが鑑賞から実践までを積極的に図れる環境を整え、個々人の文化力が発揮できる『機会』と『場』の提供活動を今後も継続的に展開して参ります。

我々スタッフ一同は、こうした活動を着実に実行し、芸術文化を通して市民サービスの更なる向上に努めてまいります。
k1159294510.jpg