【すたっふNOTE】二兎社「鷗外の怪談」

  • 2014/10/20(月) 13:54:12

すっかり秋を通り越して初冬の気候ですね。11月3日は文化の日、文化の日は文化を広め深める日ということですので、文化の日に開催するパティオ演劇公演「鷗外の怪談」をお勧めいたします。
この企画は劇団二兎社の新作ではありますが、全国で演劇の企画制作に力をいれている5館の共同制作です。パティオ池鯉鮒での二兎社公演は4作目、今回の作品は軍医と文学者の相反する二つの顔を持ちながら激動の時代を生きた森鷗外の謎に迫ります。当館発行の文化情報誌「Patio」の47号に作・演出の永井愛さん、出演者の金田明夫さん(森鷗外役)、水崎綾女さん(森しげ役)のインタビューが掲載されていますので、是非ご一読ください。
当館ホームページにて、稽古の模様もアップされている「鷗外の怪談」のプロモーション映像を放映していますので、こちらもあわせてご覧ください。

また、知立市図書館とのコラボ企画「森鷗外特集」コーナーを只今図書館内に設けていますので、芸術の秋に鷗外の生涯を著作&演劇でお楽しみください。
まだまだよいお席がありますので、是非文化の日は文化芸術の発信拠点、パティオ池鯉鮒にお越しください。
k713397345.jpg

スポンサーサイト

【館長ブログ】避難訓練コンサート

  • 2014/10/05(日) 13:50:58

パティオ池鯉鮒では、昨年度に引き続き「避難訓練コンサート」を企画いたします。開催日時は、10月12日(日)午前10時開演(開場9時30分),会場は、かきつばたホール(大ホール)です。≪コンサート中に地震発生! 客席のあなたはどう考え行動しますか?≫ をテーマとし、愛知県警察音楽隊、愛知県警察音楽隊カラーガード隊「フレッシュ・アイリス」の演奏をお楽しみいただいている中、「地震発生!」。ホールでの鑑賞中におけるいざという時の備えを体験していただく企画となっています。

今年の夏は、前半は猛暑で気温が40度を超えた地域もありました。ところが一変して後半は、西日本、東日本で集中豪雨交じりの雨続きの毎日でした。日本各地で「これまで経験したことのない局所豪雨」に見舞われ土砂災害による甚大な被害も出ました。
地球温暖化のせいで偏西風が極端に蛇行したことが原因ではないか? とそんな不安がよぎります。近年、北極海の海氷減少、南極の雪山の凍解や世界のカールで氷河の後退が進むなど、地球上の各所で異常な気候現象は発生しています。

我が国は、国土の成り立ちから地震、津波、台風、豪雨など、いつ災害に遭遇しても、想定外でも不思議でもありません。最近の予知できない災害に対して、行政からの指示待ちでなく、住民自らの避難行動が動き始めています。自らの判断で自分を守る姿勢が求められています。

物理学者であり随筆家の寺田寅彦氏は、関東大震災後の雑誌に「天災は忘れられた頃来る」と警句しています。「天災は、極めてまれにしか起こらない。そして、人間は何度同じ災害に会っても、忘れてしまってなかなか利口にならない」と言っています。

近年の地球科学の進展によって、日本列島における東海、東南海、南海地震の発生予知がなされ、地震、津波を含めた大災害に対する防災対策が重要視されています。
パティオ池鯉鮒も、こうした避難訓練を重ね、お客様の安心安全を確保していきたいと考えています。
k1214975067.jpg