【すたっふNOTE】Kiroroコンサートツアー2014

  • 2014/09/19(金) 13:48:01

今年は夏をあまり感じないまま秋になりました、芸術の秋です!パティオの季節です!秋のパティオは、さまざまなイベントをご用意して皆様をお待ちしています。
さて、今日ご紹介するのは10月11日(土)に開催するKiroro(キロロ)コンサートツアー2014です。Kiroroは女性二人のデュオで、家事・育児を両立させながら芸能活動を再開・継続しており、育児をしながら働く女性の理想です。仕事と育児の両立はまだまだ理解が得られない場も多く、安倍政権では「すべての女性が輝く社会」を啓蒙しており、お二人ともがデビュー当時と変わらず活躍されていることは日本の未来の女性像でもあるのでは?

今回のコンサートはパティオが贈る「子育て支援」も加味したもので、未就学児は膝上入場無料となっています。美しい歌声とユニークなトークもあわせてお楽しみいただければと思いますので、是非ご家族一緒にご来場ください。
k954540952.jpg

スポンサーサイト

【館長ブログ】天女の羽衣

  • 2014/09/04(木) 10:53:42

今年の夏は、「富士山」が世界文化遺産に登録されたことで、今までと違い世界中から沢山の人々が訪れていると報道されていました。
その世界文化遺産の構成の中に「三保の松原」があります。静岡県清水市の三保半島の景勝地で、その美しさから日本三大松原の一つとして国の名勝に指定されています。私も数回訪れましたが、砂浜から眺める富士山はまさに絶景です!
浜辺には、天女が舞い降りて羽衣をかけたといわれる「羽衣の松」があり、近くの御穂神社には、羽衣の切れ端が保存されていると観光案内にありました。ぜひ一度見てみたいと思います。

ところで、世の中のしがらみや周囲の耳目などには、いっこうに構わず、思うままに振る舞い、言いたいことを言う人がいます。それでいて、その人を生まれたままのような憎めない人、とか、天衣無縫の人などと言って好意の目で見たりすることがあります。

人は、世の中で多かれ少なかれ、周りに気を遣いながら自分を抑え、いやだと思いながらも、そこに居られるように、多少なりとも演技して生活しています。
ほとんどの人は、この天衣無縫を真似してみても、たいていはすぐに底が割れ、かえって軽蔑の眼にさらされるのがオチです。

「天衣無縫」など、人間が真似をしようと思ってもできるものではない。
なぜなら、天衣とは、天女の衣で、その天衣は糸と針を使って作ったものではないので、縫い目がどこにもありません。
だから、天衣無縫とは、わざとらしい技法のあとが見えず、率直で美しく無邪気な様子をいいます。
人間が真似をしようとしたって、すぐに底が割れるのはあたりまえなのです。

今年の大人気アニメ映画「アナと雪の女王」の楽曲ではではありませんが、「ありのままの自分を受け入れ、自分らしい自分となって、自分の力を活かす」ことの大切さをメッセージとして表現しています。
そこに、私たちは魅了されるのでしょうね。たくさんの人々の心を動かす芸術の持つ力は、やはりすばらしいです!
k1516372823.jpg

続きを読む