【すたっふNOTE】寿歌

  • 2018/05/26(土) 17:29:53

皆さんこんにちは。スタッフCです。
今回は、6月中旬に開催する演劇公演、『寿歌(ほぎうた)』についてご紹介します。
この作品は、1979年、名古屋を拠点に活動していた劇作家・北村想さんによって書かれた、「世界の終末の後」を舞台にした演劇です。

HogiutaAAF_0209 - コピー
写真/(C)羽鳥直志

登場人物は3人。
旅芸人のゲサクとキョウコ、そして突然現れた謎の男ヤスオが、ミサイルが飛び交い放射能が漂う世界で旅を続けます。
殺伐とした状況の中でユーモアたっぷりの珍道中が繰り広げられる、支離滅裂な伝説の“エエカゲン”喜劇です。

HogiutaAAF-G_0104 - コピー
写真/(C)羽鳥直志

演出は静岡県舞台芸術センター(SPAC)の芸術総監督で、今年3月に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した宮城聰さん。
「芸術には、矛盾や不条理に向き合う技術や知恵が蓄積されている」と宮城さんは語ります。
宮城さんが演出される舞台は、拠点としておられる静岡で上演される以外は海外での公演となり、国内をツアーで回ることがほとんどありません。今回の全国ツアーは、とても貴重な機会です。

HogiutaAAF_0722 - コピー
写真/(C)羽鳥直志

公演は4日間。6月13日~15日は市内中学2年生の招待公演、16日は一般公演を実施します。
30年以上日本全国で上演が絶えない戯曲から立ち上がる「今」を、ぜひ劇場でご覧ください。

寿歌チラシ表校了

愛知県芸術劇場・SPAC(静岡県舞台芸術センター)共同企画『寿歌』全国ツアー
パティオ演劇公演2018
『寿歌』(ほぎうた)
作:北村想 演出:宮城聰

日時:6月16日(土)14:00開演(13:45開場)
会場:花しょうぶホール
チケット好評発売中
公演の詳細はこちら

スポンサーサイト

【すたっふNOTE】第17回ちりゅうフレッシュコンサート

  • 2018/04/25(水) 13:32:27

みなさんこんにちは。スタッフのHです。
季節柄暖かく過ごし易い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は第17回目となる地元の新人演奏家を応援するコンサート「第17回ちりゅうフレッシュコンサート」をご紹介させていただきます。

ちりゅうフレッシュコンサートは、パティオ池鯉鮒のホールボランティアである、パティオ・ウェーブの、地元の新人演奏家を応援するためのコンサートを開催したいという熱い想いから始まりました。開館当初から続けており、今年で17回目になります。過去の出演者の皆さんは今どうされているのでしょうか、今でも演奏活動を続けている方も、そうでない方も沢山いらっしゃると思いますが、このコンサートを通して同じ道を志す仲間や、クラシック音楽のファンの方と出会い、今後の音楽を通して人々の心を豊かにする演奏活動の力になれればとコンサートを実施しております。

今年の出演者は、昨年度に大学、大学院を卒業・修了された新人演奏家10名で、知立、刈谷、安城などを中心に地元の方が多く出演されます。エールコンサートでは、明和高等学校の専任講師でサクソフォン奏者の堀江裕介さんにご出演いただき、新人演奏家のはなむけに心のこもった演奏をしていただきます。沢山のご来場お待ちしております。

フレッシュ 表

第17回ちりゅうフレッシュコンサート
日時:5月20日(日)14:30開演(14:00開場)
会場:リリオ・コンサートホール
チケット発売中
詳細はコチラ

【すたっふNOTE】 東京芸術座『夏の庭』

  • 2018/03/25(日) 00:00:23

みなさんこんにちは、スタッフTです。本日は、もうすぐ例会100回を迎える刈谷・知立・安城おやこ劇場との連携事業として開催する、東京芸術座の『夏の庭-The Friends-』をご紹介します。
この作品は、湯本香樹実の小説を原作に、東京芸術座によって舞台化され、全国のおやこ劇場や学校等でも数多く上演されています。一人の孤独な老人と三人の少年たちとの奇妙な関係を通して、現実感が希薄な現代社会でどのように「生」と「死」を実感するのかというテーマに、児童文学特有の「成長」という王道的な主題を重ねて描かれた作品です。

小学校最後の夏休み、「人間は死んだらどうなるんだろう」という疑問を抱えた少年三人組が、町はずれのぼろ家にひとりで暮らすおじいさんが死ぬ瞬間を見るために、おじいさんの<観察>を始めます。最初は生きる意欲を全く感じられなかったおじいさんですが、少年たちと喧嘩のような会話をするようになってから、不思議と元気になっていく様子。しだいにお互いの孤独や葛藤を知り、少年たちはおじいさんのためにある計画を実行する・・・

現代を生きる中で私たちが直面するさまざまな障壁、それに立ち向かっていく勇気を与えてくれる演劇公演です。思わず笑いが起こるような、おじいさんと少年たちの遠慮のない会話のやりとりに、「生きている」エネルギーを感じていただければと思います。大人の方はもちろん、お子さんやお孫さんもご一緒に、是非お楽しみください。

東京芸術座『夏の庭』表

刈谷・知立・安城おやこ劇場例会100回記念公演
東京芸術座『夏の庭』
日:4月22日(日)
時:16:00開演(開場は開演の30分前)
会場:かきつばたホール
詳細はコチラ

【すたっふNOTE】落語会

  • 2018/02/24(土) 11:35:34

みなさんこんにちは、スタッフTです。
本日は、3月11日(日)にかきつばたホールで開催します毎年恒例の落語会『春風亭小朝・林家正蔵 二人会』をご紹介します。

出演者は今を代表する実力派、春風亭小朝と林家正蔵という豪華ラインナップです。
落語を観に行ったことがないという方にとっては、最初は敷居を高く感じてしまうかもしれませんが、江戸時代から続く歴史を持つ落語とは本来、「近くに来たついでに寄ってみよう」といった気持ちで観に行ってOKな、気軽に楽しめるもの。予備知識も全く必要ありません。落語家の巧みな道具の使いこなし、身振りや声色によって、想像と創造の世界に引き込まれていくのが楽しみの一つであり、最後の結末(オチ)まで聞くことでそれまでの話の本当の趣旨がわかるという、奥の深さが落語の魅力です。
爆笑必至の落語を、是非劇場でお楽しみください!

春風亭小朝20130110③0033

宣材写真正蔵新 - コピー

春風亭小朝・林家正蔵 二人会
日:3月11日(日)
時:14:00開演(開場は開演の30分前)
会場:かきつばたホール

落語 HP

詳細はこちら

【すたっふNOTE】渋さ知らズオーケストラ in Chiryu  

  • 2018/01/25(木) 18:45:44

みなさん、こんにちは。スタッフのHです。
今回は前々回に引き続き2月12日(月・祝)に開催する「渋さ知らズオーケストラin Chiryu」をご紹介させていただきます。

重ねてのご紹介で、皆様ご存じとは思いますが、渋さ知らずズオーケストラとは、フリージャズを基調とした演奏に、ダンスや美術、その他のパフォーマンスが混じりあったジャンルレスな音楽集団です。フリージャズというと前衛的で聴きにくい音楽のようなイメージがあるかもしれませんが、渋さ知らズは、クラシック音楽でいうところの指揮者のような存在の「段取リスト」、不破大輔氏により、音楽全体がコントロールされています。一聴すると個人個人が好き放題演奏しているようですが、実はきちんと統制が採れており、独特の熱気と緊迫感のある演奏になっています。

本公演では1月26日まで募集しておりました、渋さ知らズのメンバーと一緒に公演当日コンサートを盛り上げていただく「盛り上げ隊」の出演もあります。「盛り上げ隊」には、公募による市民参加者のほかに、特別ゲストとして知立山車文楽保存会の山町人形連と、当館のホールボランティア「パティオ・ウェーブ」の参加もあり、知立ならではのコンサートがお楽しみいただけます。

かつて感じた事がない熱気あふれる、刺激的なステージをご用意しておりますので、是非みなさまお誘い合わせのうえご来場ください。
sibusa.jpg

市民とつくる舞台芸術プロジェクト
しみん音楽会
渋さ知らズオーケストラ in Chiryu
2018年2月12日(月) 17:00開演
パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)かきつばたホール
詳細はコチラ