【すたっふNOTE】HAPA来日公演2017 ミュージック&フラ コンサート

  • 2017/03/25(土) 00:00:30

Hapa_summer.jpg
みなさんこんにちは。
暖かい陽光とともに日増しに春の到来を感じる近頃ですがいかがお過ごしでしょうか。今回は、これからの季節に陽だまりでゆったりと聴くのにピッタリなハワイアン・ミュージックを奏でる「HAPA」とフラ・ダンサーによる来日公演「HAPA来日公演2017 ミュージック&フラ コンサート」をご紹介します。
「HAPA」はバリー・フラナガンとロン・クアラアウによるデュオ(何れもヴォーカル、ギター、ウクレレ)で、ハワイアン・ミュージックとフォークロックがミックスした独特の旋律と美しいハーモニーが魅力のハワイのトップアーティストです。
抜群のコーラスワークと、爽やかなスラック・キー・ギターの音色は、ジャンルに関わらず音楽が好きな人なら一聴の価値ありです。今回の来日では、2006年にミス・ハワイに輝いたフラ・ダンサー、ラダーシャ・ホオフリが同行し、癒しのフラをお届けします。
さらに、第1部では、当館に教室(本校)を構え東海地区を中心に活動している、春日井彩由美さん主宰の地元ハラウ(フラ団体)、Ka Leo O Laka I Iapana・Ka Pa Hula 'O Ka 'ie'ie(カ レオ オ ラカ イ イアパナ~カ パー フラ オ カイエイエ)との競演もあります。
美しいフラ・ダンスを観ながら聴く、トップレベルのハワイアン・ミュージックをご覧に是非お越しください。沢山のご来場をお待ちしております。

HAPA 表 HP

HAPA来日公演2017 ミュージック&フラ コンサート
日時:2017年6月23日(金) 19:00開演(18:30開場)
会場:かきつばたホール

第1部 HAPAと日本のハラウによる華やかな競演
競演:Ka Leo O Laka I Iapana・Ka Pa Hula 'O Ka 'ie'ie/春日井彩由美
第2部 HAPAのコンサート

詳細はHPへ

スポンサーサイト

【すたっふNOTE】避難訓練コンサートに込めた想い

  • 2017/02/25(土) 08:37:31

いつものように朝目覚め、緩やかに繰り返される生活を送る、そして時には家族との楽しい時間、あるいは好意を持っているにも関わらず仲違いしてしまう、そんなありふれた光景があふれている「日常」。この当たり前のはずの日々が時として大きな災害によって奪われてしまう瞬間を、私たちは今から6年前の「東日本大震災」による惨状を通して経験しました。そして「日常」が本当にかけがえのないものであり、これを少しでも守るためにどんな事が必要かという事を考え続けています。

被災から3年を経て、まだ癒えぬ傷跡が多く残る福島の地に、多くの被災地ボランティア参加者の一員として訪れた私は、大きな衝撃を目の当たりにしました。そこには津波がすべてをさらってしまった事を想像するまでもなく、何も残っていませんでした。市街地の頑丈な構造の建物はかろうじてその骨格を残していましたが、巨大生物の肋骨のように黒くたたずみ、衣服、日用品、そして自動車までもがそこへ絡み合っていました。私たちは否が応でも、逆らい難い自然の猛威を認識することとなりました。そして、このような災害には抗うのではなく、安全を少しでも確保するために、日常的に行動を考え・備えることが大切であると意識するようになりました。

日頃から、当会館では来館者のための施設の安心・安全を意識しており、そのためにはイベント開催時に地震が起こった際、いかにお客様に対応するかという事は大きな課題でありました。そんな折、愛知県内でも豊田市コンサートホール・能楽堂、武豊町民会館、名古屋市公会堂などの文化施設が、「避難訓練コンサート」と題してコンサートとその来場者への避難体験を組み合わせた企画が始められており、これらの事業に来場者の一員として参加するとともに、施設を管理する団体の皆さんからアドバイスをもらって、パティオ池鯉鮒でも「避難訓練コンサート」をスタートさせました。

回数を重ね今回で4回目のコンサートになりますが、毎回の課題を次回の避難訓練コンサートで活かすようにして、スパイラルアップしております。多くのお客様がお見えになればもっといろいろな気づきや課題を抽出でき、さらなる安心安全につなげることができます。愛知県警察音楽隊による演奏・演技と地震発生時の避難行動を体験できる「避難訓練コンサート」へ、ぜひ多くの皆さんのご来場を、心よりお待ちしております。

パティオ池鯉鮒では、今後も皆さんが笑顔で安心して会館での文化芸術活動に取組むことができるよう施設の管理・運営に取組んで参ります。(スタッフt)

避難訓練 HP

避難訓練コンサート

日時:2017年3月11日(土) 14:00開演(13:30開場)
会場:かきつばたホール
出演
愛知県警察音楽隊
愛知県警察音楽隊カラーガード隊「フレッシュ・アイリス」

詳細はコチラ

【すたっふNOTE】落語

  • 2017/01/25(水) 00:00:01

みなさんこんにちは、スタッフTです。
みなさんは最近お腹を抱えて笑っていますか?
本日は毎年恒例の落語会、3月5日にかきつばたホールで開催します『林家木久扇・三遊亭円楽 二人会』をご紹介します。

出演者は落語界のスーパースター、木久蔵ラーメンでもおなじみ、林家木久扇と、歌丸師匠との腹黒な掛け合いでおなじみの三遊亭円楽という豪華ラインナップです。
情報誌掲載のためインタビューをさせていただいた木久扇師匠は、博識なジェントルマンという印象で、お得意のギャグをはさみつつ、歴史の話や落語について熱く語っていただき、インタビュー初体験の私に大変気を遣ってくれる、おなじみの木久扇師匠とは違った一面も垣間見ることができました。

初めての方は、落語はどこか敷居が高いとお思いではないですか?
落語には予備知識など全く必要ありません。お気楽に鑑賞いただくのが一番です。
「落語をみていたら時間があっという間にすぎていた。」そんな贅沢な時間を笑いと共にお過ごしください。

2人の豪華共演による爆笑必至の落語は必見です。
日頃の鬱憤を“笑い”でふっ飛ばしてください!

木久扇 2(新)円楽宣材   着物

林家木久扇・三遊亭円楽 二人会
日時:2017年3月5日(日) 14:00(13:30開場)
会場:かきつばたホール
詳細はコチラ

【すたっふNOTE】パティオDEクリスマス2016

  • 2016/12/10(土) 09:40:41

皆さんこんにちは。スタッフのHです。
今回はパティオ池鯉鮒の冬の定番、「パティオDEクリスマス2016 光の切り絵とイルミネーション」をご紹介します。
クリ展 表 HP
屋内なので天候を気にせず昼間からお楽しみいただけるイルミネーション展として好評をいただいているパティオDEクリスマスを本年も、12/16から25まで開催します。昨年に続き光の切り絵作家の酒井敦美さんとイルミネーションのコラボレーションをさらに工夫して皆さんをお迎えします。幻想的で可愛らしい光の切り絵はどなたでもお楽しみいただけると思いますが、特にお子さんに喜んでいただけるものです。ステージではクリスマスコンサートや、酒井敦美さん作の光の切り絵の物語に地元絵本作家の橘玲子さんのストーリーとがコラボし、パティオ・ウェーブ(ホールボランティア)の皆さんによる読み聞かせも企画しています。定番の様々な色を取り揃えた松ぼっくりツリーの工作教室もございます。ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。

クリスマス2016
★20151218 (34)
20151218クリスマス (4)
パティオDEクリスマス2016~光の切り絵とイルミネーション
12月16日(金)~25日(日)※19日は休館
【クリスマスコンサート】
◆16日(金)
10:00~10:30 
点灯式・ピアチェーレ(ヴァイオリンアンサンブル)
◆17日(土)
16:00~16:30 
知立ゴスペルクワイア(クリスマスゴスペル)
◆18日(日)
14:00~14:30、16:00~16:30 
高橋絵美子(ヴァイオリン)
◆21日(水)
10:30~11:00、14:00~14:30 
佐々木輝江・安藤裕美(ピアノデュオ)
◆22日(木)
14:00~14:30、16:00~16:30 
加藤理恵・栫井健吾・宮本智美・後藤美紗子(ホルンカルテット)
◆23日(金)
14:00~14:30、16:00~16:30 
磯村美有紀(ソプラノ)、大山宮和瑚(ピアノ)
◆24日(土)
10:30~11:00 
パティオちりゅう少年少女合唱団
14:00~14:30、16:00~16:30 
ミュージックサークルアンダンテ(ミュージックベル) 

◆16日(金)~25日(日)
コンサート時間外(1回上演時間約10分程度)
光の切り絵の物語「ちきゅう木」
作・酒井敦美
◆17日(土)、25日(日)
14:00~14:30 
パティオ・ウェーブ読み聞かせ 
光の切り絵の物語「サンタさんへの手紙」
光の切り絵/酒井敦美
ストーリー/橘玲子(パティオ・ウェーブ)

詳細はこちら

【すたっふNOTE】アートDEコミュニケーション

  • 2016/11/25(金) 08:48:20

こんにちは。スタッフCです。
本日は「シアターカレッジ入門編『アートDEコミュニケーション』」をご紹介致します。
yamajiWS.jpg

この講座は、頭で考えるよりまず先に、手や体を動かすことで、心をほぐす表現体験ができる講座です。
運動不足の解消や、ちょっとしたリフレッシュにぜひご参加ください。
芸術の力を活用して、自己理解や他者理解を深めたり、相互理解をきっかけに、日常生活や芸術鑑賞を今よりもっと豊かにするヒントを楽しく得られます。
過去2回は演劇ワークショップを重点的に行いましたが、今回はダンスや音楽を取り入れ、多様な分野の芸術を気軽に体験していただけます。内容ごとに、1回で完結する参加しやすさも魅力です。ぜひリラックスしてご参加ください。

●2017年1月28日(土)13:30~16:30
「日常が非日常へ?!毎日の生活に隠れるダンスのタネを見つけるワークショップ」
歩く、走る、手を挙げる。何気ない生活動作の中から、一緒にダンスを見つけて踊りましょう!
講師:杉山絵理(ダンサー・振付家)
sugiyama.jpg

講師:判治芳恵(ダンサー・振付家)
hanji.jpg

●2017年2月18日(土)13:30 ~16:30
「わたしのリズム・あなたのリズム、アフリカンドラムで奏でよう」
音楽経験の有無に関わらず、民族楽器で心を解放し、楽器アンサンブルで楽しみます。
講師:山地寛和(音楽教育家)
yamaji2016.jpg

●2017年3月4日(土)13:30~16:30
「まだ見ぬ自分にガッツポーズ◎超だるまさんがころんだ」
単純なルールで声と体と空間で遊ぶ180分。いつの間にかあなたもパフォーマーに変身!
講師:橋本知久(作曲家・時間芸術家)
hashimoto.jpg

申込み方法・講座の詳細はこちら