【すたっふNOTE】 愛しのドラム

  • 2017/09/25(月) 00:00:36

皆さんこんにちは。スタッフCです。
9月27日と28日に、いよいよパティオにやって来る舞台、『愛しのドラム~ザ・フルーツ2~』は、役者、落語家、劇作家、各界の人気者が集結した、完全オリジナル楽曲生演奏音楽劇です。
作・演出は人情味のある喜劇を得意とする中島淳彦さん。出演は、落語家の春風亭昇太さん、人気テレビドラマシリーズでおなじみの六角精児さん他、素敵なメンバーが集まりました。作・演出の中島さんは、俳優としても出演します。

お酒の席の雑談から『ザ・フルーツ』というバンドができ、そして『ザ・フルーツ』が主人公の音楽劇ができました。昇太さんや六角さんが、おかっぱ頭のカツラで、時代から取り残されかけたグループサウンズのバンドマン(20代)役を熱演します。
昇太さんからは、「おじさんたちが真剣にばかばかしいことをやるとこうなるってところを見ていただければ」というメッセージをお預かりしています。

舞台から、勇気や元気をお持ち帰りいただける、楽しくて可笑しくてちょっと切ないお芝居です。
難しいことは考えず、気軽に楽しくご覧いただけると思いますので、そんなお芝居がお好きな方は、ぜひ足をお運びください!劇場でお待ちしております。

場_0357t
撮影:田中亜紀
フルーツ2表 HP

プリエールプロデュース
愛しのドラム ~ザ・フルーツ2~
作・演出 中島淳彦
日時:9月27日(水)19時開演、9月28日(木)14時開演
会場:パティオ池鯉鮒 花しょうぶホール
詳細はコチラ

スポンサーサイト

【すたっふNOTE】2017演劇教室

  • 2017/08/25(金) 19:16:28

みなさんこんにちは、スタッフのTです。本日は、パティオ池鯉鮒でこの秋開催いたします、「はじめての演劇教室」の受講生募集についてのご案内です。

名古屋市を中心に活躍する『劇団B級遊撃隊』主宰の佃典彦さんを講師にお招きし、初心者・未経験者向けの演劇講座を開催します。期間は約1か月、全6回の短期講座です。最終日の発表会にむけて、佃さん作の脚本『天地転動~ダイジェスト版~』という作品に取り組み、演劇表現の基礎や、稽古から公演までの演劇創りの流れを気軽に体験できます。演劇は初めてという方、新しいことにチャレンジしたい方等大歓迎です!
受講の申込み締切を過ぎておりますが、まだ定員に余裕がございますので、引き続き募集しております。少しでもご興味持っていただける方は、この機会にぜひご参加ください!

演劇教室 HP


【シアターカレッジ はじめての演劇教室】
講師:佃典彦(劇団B級遊撃隊主宰、俳優、劇作家)
日程:9月23日(土)~10月8日(日)の毎週土曜・日曜(全6回)
時間:13:30~16:30(10月8日は発表会のため、10:00~21:30)
会場:パティオ池鯉鮒 リハーサル室1
対象:16歳以上
定員:15名
料金:一般3,000円 会員2,700円 22歳以下1,500円
参加者募集中。定員になるまでは講座初日の前日まで受付

詳細はこちら

【すたっふNOTE】アルヴィン・スプートニクの深海探検

  • 2017/07/27(木) 18:00:00

みなさんこんにちは、スタッフtです。
今回のブログは、8月9日にパティオで上演いたします、夏休みファミリー向け公演「アルヴィン・スプートニクの深海探検」のご紹介です。

オーストラリアのパフォーマー集団「ザ・ラスト・グレート・ハント」の心温まるファンタジー作品を、同団のサム・ラングレーさんが人形、映像、音楽を駆使してお一人で演じ上げます。

ストーリーは、温暖化の海面上昇により、住める土地がほとんどなくなった近未来が舞台。二人ぽっちで暮らしていた恋人を失ったアルヴィンは、特殊な潜水服を着て海の底に探検に出かけることに!そして海の底でアルヴィンが見つけたものとは・・・、と非常に物語の結末が気になるお話です。

アニメーションとパペットそして音楽で彩られたこの作品は、楽しくて、ちょっと切なく、やさしい気もちになるお芝居ですので、鑑賞後、ご家族でこの物語についてお話をする事で家族のきずなも一層深まる事でしょう。

ぜひ、夏休みのひとときを、愛知県芸術劇場ファミリー・プログラム「アルヴィン・スプートニクの深海探検」でお楽しみ下さい。

アルヴィン HP

愛知県芸術劇場ファミリー・プログラム
「アルヴィン・スプートニクの深海探検」
2017年8月9日(水)
①11:00~ ②14:00~
会場:パティオ池鯉鮒 花しょうぶホール
詳細はコチラ

【すたっふNOTE】パティオDE夏休み2017

  • 2017/06/25(日) 00:00:30

みなさんこんにちは、スタッフのTです。じわりと夏の訪れを感じる季節になりました。子どもたちがお待ちかねの夏休みももうすぐです。本日は、そんな夏休みの思い出作りにぴったりなイベント、「パティオDE夏休み2017 パティオアートフェスティバル」をご紹介いたします。

イベントの内容は、人形劇団むすび座をはじめとする人形劇の公演や、日用品演奏ユニット「kajii」による食器を使ったコンサート、ゆかいなクラウン「とっぽ」のパフォーマンス、知立市出身の現代美術家・高木正臣さんと作る直感アートなど、様々なアートに触れて楽しむことができるイベントです。

今年はかきつばたホールで、劇団うりんこによる「名探偵!山田コタロウ ナゾトキシアター」(事前申込制)を開催します。名探偵に憧れる少年・山田コタロウとその仲間たちと一緒に、かきつばたホールの裏側まで探検していろいろなクイズに挑戦する、親子で一緒に楽しめる体験型のイベントです。

夏休みの1日を劇場で思いっきり遊んで、楽しく過ごせるイベントです。皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

【パティオDE夏休み2017 パティオアートフェスティバル】
7月23日(日) 10:00~16:00(9:45開場)
パティオ池鯉鮒 全館
チケット好評発売中

【名探偵!山田コタロウ ナゾトキシアター】
7月23日(日)①11:00~12:00 ②14:30~15:30
パティオ池鯉鮒 かきつばたホール
※要事前申込
※お申込みにはパティオDE夏休み2017のチケットの購入が必要です。

詳細はこちら

パティオDE夏休みチラシ2017表面_170516

【すたっふNOTE】これはあなたのもの 1943-ウクライナ

  • 2017/05/27(土) 12:20:55

こんにちはスタッフTです。
今回のスタッフノートは、6月4日に開催されます地人会新社第7回公演「これはあなたのもの1943-ウクライナ」をご紹介いたします。
この作品は、ロアルド・ホフマン氏という化学者がご自身の幼少期の体験を下敷きに書かれた戯曲ですが、本職ではノーベル化学賞を受賞されるほど超一流の研究者であるから驚きです。

そして、もっとも驚くべきことはその脚本の中にあります。本職の研究分野ではこれだけのの実績がある方ですから、その境遇は、誰もが教育が行き届いた環境と、それに取組むだけの家族の支えがあることを想像するかと思います。ところが、ホフマン氏の輝かしい実績とは全く正反対ともいえる過酷な状況、「戦争」という闇と唯一の救いといえる母親の存在だけが、幼き彼を取り囲む環境だったのです。

そのような環境に育ったホフマン氏が、この脚本に込めた思いというのは、セリフの一つ一つに濃厚につづられています。彼は作品の中ではエミールという名前が与えられています、演じるのは吉田栄作さんで、その母親役フリーダを八千草薫さんが演じます。親子二人はユダヤ人であり、ナチスの迫害を逃れるためウクライナ人オレスコ氏の屋根裏部屋にかくまわれていました。

舞台はこの幼少期のシーンと、エミールが成長して、妻と二人の子ども、そして年を取った母親とアメリカで暮らすシーンとを行ったり来たりしながら、親子の記憶を巡る葛藤、過去の忌まわしい出来事などが複雑に絡まり、舞台から私たちにたくさんのメッセージを送ります。

二つの世界大戦の教訓が、平和の重大さを説いた現代にあっても、いまだにテロや不穏な世界情勢がインターネットを通じて発信され、瞬時に受取る事ができる今の私たちにとって、このロアルド・ホフマン氏の渾身のメッセージは、あなたの心にどんな言葉を残してくれるだろう?
ぜひ、劇場で受け取ってください。

地人会(仮)表 HP

地人会新社第7回公演
これはあなたのもの 1943―ウクライナ
作:ロアルド・ホフマン 訳:川島慶子 演出:鵜山 仁
日時:2017年6月4日(日)  14:00開演
会場:かきつばたホール
詳細はHPへ