【すたっふNOTE】まちおこし演劇『愛・かきつばた姫』

  • 2013/11/21(木) 14:49:16

皆さまこんにちは! スタッフCです。今回のすたっふNOTEは、今週末、11月23日(土)・24日(日)に公演します「まちおこし演劇『愛・かきつばた姫』」についてご案内致します。
この公演は、知立市八橋町に伝わる「在原業平とかきつばた姫の恋物語」をモチーフに、いろいろな芸術分野の表現により作品を製作し発表する「愛・かきつばた姫」シリーズの第4弾です。これまでのオペレッタ、人形劇、ダンスによる表現に続き、今年は市民参加による演劇での創作に挑戦します。
キャスト・スタッフには、2011・2012年度に開講された演劇カレッジの修了生の中からオーディションで選抜された市民15人が参加しています。作と演出は京都の劇団「烏丸ストロークロック」代表の柳沼昭徳さん。市民劇の枠組みを超えた硬質な純愛群像劇を目指して、今年5月から稽古に励んできました。

作品は、伝承のストーリーを追ったものではなく、愛する者に対するかきつばた姫の強い情念に着目し、普遍的な人間の性(さが)、複雑な情愛を描き出した現代劇です。家族のあり方や恋愛、社会問題など、多様なテーマを問い掛ける内容に仕上がっています。観劇を通じてさまざまな生き方、考え方に共感していただけたらと思っています。

チケットは24日(日)が完売、23日(土)も13:30開演の公演は残席が少なくなってきました。19:00開演の公演はまだお席に余裕がございます。たくさんの方のご来場を心よりお待ちしております!



愛・かきつばた姫
平成25年11月23日・24日(土・日)
23日①13:30開演 ②19:00開演
24日  14:00開演
k498317311.jpg

スポンサーサイト

【すたっふNOTE】「本能寺のD」

  • 2013/10/25(金) 14:34:43

みなさん、こんにちは。企画スタッフYです。11月8日に上演するダンス・絵画・音楽「本能寺のD」の見どころをお話ししたいと思います。
本能寺と言えば京都にあり、織田信長が明智光秀によって襲撃され、自刃した場所として有名です。そして7回も再建された事でも知られています。この作品は、本能寺創建600年記念イベントとして、今年の5月に本能寺本堂で初演した「ダンスと音楽と絵画」が融合した作品です。ダンスと音楽と絵画の融合・・・・どんなもの?と思われる方も多いと思いますが、是非皆さんの頭の中で想像してからご覧いただきたいです。
タイトルの本能寺のDの「D」にはDancing Drawing Drummingという意味が込められています。本能寺のDの「本能寺」については、先ほどの創建600年の記念として創られた作品ですので、中身は本能寺のお話ではありません。
この公演は、言葉やセリフがありません、ご覧いただく皆さんに何かを感じていただけるだろうと思います。
ダンス公演には音楽が必ずといっていいほど流れます、いわば、ダンスと音楽はいつもコラボしている芸術同士です。今回はそれに絵画=ライブペインティング(ダンスを見ながら絵を仕上げる)も取り入れた新たな芸術作品として、5月の京都公演初演、今月25日26日のパリ公演、そして知立・パティオ池鯉鮒での公演と世界3か所で上演されます。
出演は知立市出身のダンサー伊藤キムさん、パティオでは4年ぶりのダンス披露です。音楽は豊橋市出身のパーカッショニストで、現在は海外に拠点をおいて活躍中の加藤訓子さん、そしてライブペインティングには画家の広田稔さん、本能寺より僧侶2名も加わり、現代社会に投げかける新たな芸術作品を発表します。公演後には出演者3人によるアフタートークもあります。
是非11月8日はパティオ池鯉鮒へお越しください。


※写真・・・平成25年5月 本能寺のD初演(本能寺本堂)
k1314581253.jpg