FC2ブログ

パティオ入会地ギャラリー展 特別展と○○展

日本の庭木には、香りで季節の訪れを感じさせてくれる「三大香木」があります。
春の沈丁花(じんちょうげ)、夏の梔子(くちなし)、秋の金木犀(きんもくせい)、です。また、「四大香木」となりますと、冬の蠟梅(ろうばい)が加わります。
秋分も過ぎたこの時期、戸外では、その「金木犀」の甘い花の香りに気がつくことがあります。密集した小さなオレンジ色の花で、豊かな芳香が特徴の常緑樹です。
また、同じ時期に花をつける花木で、香りは「金木犀」に比べ弱いですが、小枝の先端にひとつずつ白い花を付ける「銀木犀(ギンモクセイ)」もあります。
 
 今回は、そんな香りに包まれた秋の日に行われる「パティオ入会地ギャラリー展」の「特別展」と「○(おー)○(えん)展(Oh!縁展)」を紹介します。
ギャラリーのスペースを分割し、知立市ゆかりの作家による「特別展」に合わせ、近隣の若手美術家を選定して行う「○(おー)○(えん)展(Oh!縁展)」を開催します。
「特別展」は、知立市在住の竹河いみ子さんによる「想い・律・波動・煌めく継続の力」です。
竹河さんは籐工芸作家で、日本現代工芸美術展や日展に入選後は、カナダ、インド、スペインなど世界で活躍されており、現在は日展会友、現代工芸美術家協会会員でもあります。
この籐との出会いは40年以上前だそうで、ご友人の作品づくりを見たことがきっかけとのことですが、今なお制作に情熱を注がれています。
ところで、この「籐」とはどんなものなのでしょう。植物名で、漢字は草冠の「藤」ではなく竹冠です。英名では「rattan(ラタン)」と呼ばれます。東南アジアのジャングルに自生するヤシ科のつる性植物で、他の樹木にからみつき成長します。丈夫で折れにくく、しなやかな特性から、細く裂いた材を編むことで立体的な曲線加工ができます。余分な補強もいらず軽量な作品が出来あがります。
自然の素材を、工芸作品としての価値まで高めるには色々な工夫があるようですが、今回竹河さんは、「モノづくりの世界を知っていただき、作品を見て何かを感じていただけたら嬉しい」とおっしゃっています。(参考:Patio Vol.62)

同時に「~芸術(アート)は工芸(クラフト)か~」と題し開催する第4回「○(おー)○(えん)展(Oh!縁展)」は、今回3名の出展者によるコラボレーションです。
出展者は、デザインの太田晶さん、陶芸の酒井智也さん、小原和紙の仲宗根奈美さんです。
どんな作品が登場するのか楽しみです。
どうぞ皆様もお誘い合わせの上ご来場ください。お待ちしております。

河竹いみ子展flyer校了-01

パティオ入会地ギャラリー展
日時:10月13日(日)~20日(日) なお、15日(火)は休館日
 10:00~17:00  なお、最終日は16:00まで
場所:2階ギャラリー
入場無料
「特別展」の詳細はこちら

◯◯展vol4オモテ最終-01
同日開催「○○展(Oh!縁展)」

「○○展(Oh!縁展)」の詳細はこちら
スポンサーサイト



【すたっふNOTE】古典朗読講座

みなさんこんにちは、スタッフTです。本日は、知立市文化会館開館二十周年記念事業 関連講座「古典を読む朗読講座」を紹介させていただきます。
人形劇団むすび座の演出等でも活躍され、過去のパティオ池鯉鮒の事業でも演出を手掛けられたことのある木村繁さんの指導のもと、古典の朗読を体験できる講座です。講座の最後には、花しょうぶホールで発表会公演を行います。
パティオ池鯉鮒は、2020年に開館20周年を迎えます。この講座は、2020年8月公演予定の開館二十周年記念事業「立体パノラマ絵草子『おさき玉城 恋の八橋』」のプレ企画として開催します。講座を受講された方のうち一定の条件を満たした方は、木村繁さん作・演出の『おさき玉城 恋の八橋』に群読メンバーとしてご出演いただけます。本公演では、東京の老舗劇団前進座の朗読や、知立山車文楽保存会の出演で、新作義太夫節による知立の新しい文楽を上演します。
地元に継承する貴重な文化資源を題材にした舞台公演を、ぜひ一緒に創りあげてみませんか?

koten_fweb.jpg

●知立市文化会館開館二十周年記念事業 関連講座 古典を読む朗読講座
日程:(全12回)10/30、11/6・13・27、12/4・11・18、1/8・15・21・22・29
基本は13:30~15:30、1/21・22のみ発表会のため変則です
会場:講義室ほか

詳細はこちら

お客様の声

暑さもピークを過ぎ、仲秋です。
一年の内で最も空気が澄み、月が明るく美しいと言われ、中秋の名月 十五夜の「お月見」を楽しめます。
「お月見」は、収穫に感謝するお祭りで、月に収穫物をお供えするのですが、供え物と言えば、米粉から作る月見団子と旬の野菜や果物、そして、ススキが定番です。
しかし、この中でススキは収穫物とはいえません。本来は稲穂を供えるのですが、この時期、稲の穂は実ってはいないため、これに似ている穂の出たススキを備えるようになったそうです。(参考:暮らしの歳時記)
昔ながらの風習をご家庭でも楽しんではいかがでしょう。

アンケート回答
さて、今回は、「お客様の声」についてです。
当会館では、自主事業を鑑賞された方々や、貸館利用の皆様から、今後のより良い会館運営を行う糧とするために、活動状況、施設状況について評価していただくと共に、ご意見をいただくために、「自主事業鑑賞者アンケート」や「指定管理者アンケート」を実施しています。

「自主事業鑑賞者アンケート」は、自主事業公演ごとに実施し、鑑賞者の皆様から公演内容の評価やお気づきの点、要望等を記入していただき、次回以降の公演企画の参考にさせていただいています。
項目としては、公演内容の満足度やご意見・ご感想、チケット料金の高低、今後期待する公演やアーティスト名、本日の公演情報の入手先、市民の方の文化活動状況などです。

つぎに、「指定管理者アンケート」ですが、知立市は当会館の利用者サービスの向上・経費の節減を目的に、2006(平成18)年度より「指定管理者制度」を導入しており、私ども「(一財)ちりゅう芸術創造協会」が指定管理を受託して管理運営を実施しています。この業務に対し、貸館利用の皆様を対象に施設の状況や職員の接遇などの活動状況を評価していただき、ご意見をいただくために毎年度実施しています。
ここからは、今年の1月4日から3ヵ月の期間で実施したアンケートの結果について紹介します。
内容は、「協会が行う事業への評価」「施設利用における評価」で、その評価の具体的な理由について記入をお願いしています。
また、「窓口、電話での接遇への評価」「防災対策への評価」についてもお伺いし、最後に自由意見をいただいています。
636人の方にお願いをし、約80%にあたる512人より回答をいただきました。
回答者の傾向は、性別では女性の割合が高く、年代では60歳以上の方の割合が多い結果となりました。
「協会が行う事業」では参加経験のない方を除く約70%の方が、また、「施設利用」では約80%の方から「やや満足している」以上の回答で、昨年度から微増という結果でした。
記述回答では、「多様な分野の公演事業」や「安価な料金体系」、「施設の清潔感」を評価していただいた反面、「公演事業の周知宣伝不足」、「駐車場の不足」を指摘され、「チケットや貸館使用料の低廉化」を要望していただきました。
窓口の接遇については、「不公平な対応を受けたか」との問いに対し、過半数の方は「ない」と回答された一方で、2.5%の方からは「受けた」との回答を頂きました。
結果としては、全体的に髙い満足度を頂いていますが、「不満足」「不公平な対応を受けた」という声を頂いている以上、その原因を追究し、対策を講じていかなければなりません。
また、防災対策では、約40%の方が「やや満足」以上でしたが、ほぼ同じ割合で「わからない」との回答を頂きました。これは、具体的な対応状況の説明がなく、評価のしようがないことが原因ではないかと判断しています。
利用者、来館者の皆様には、お気づきの点やご要望がございましたら、上記のアンケートの他にも、エントランスホールに常設したアンケートコーナーがありますので、お気軽に記入していただき、生の声をお聞かせください。

公立文化施設である地域の劇場として、国の文化芸術基本法や劇場活性化法、そして知立市の文化振興条例をはじめとする、劇場関連法規にふれられた果たすべき社会的な役割を果たしていくとともに、地域のニーズにこたえるための企画もバランスよく展開するために多くの皆様のご意見を頂戴し今後の劇場運営に生かして参ります。


【すたっふNOTE】第7回避難訓練コンサート

皆さんこんにちは。スタッフのTです。

この時期、9月1日の「防災の日」、8月30日から9月5日までの「防災週間」など、防災に関する意識向上を図るための行事があり、皆さんの周りでも防災訓練などに参加する機会も多いのではないでしょうか。
これは1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものであり、この時期多く発生する台風などの水害にも備える意味合いもあり、1960年(昭和35年)に、内閣の閣議了解により制定されました(※その後、1982年(昭和57年)5月11日の閣議了解で、この「『防災の日』の創設について」の閣議了解は廃止され、改めて「防災の日」及び「防災週間」が設けられた)。
近年では、多くの死傷者・行方不明者を出した未曾有の災害である、2011年3月11日の「東日本大震災」や、昨年度に発生した「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」などもあり、住民安全を守る自治体のほか、各家庭での備えも強く意識されるようになりました。

そのような中、防災意識が高まるこの時期に、地域の劇場として安心安全の施設利用をいただくため、2013年度より毎年継続して企画しております、第7回避難訓練コンサートをご紹介させていただきます。

この公演は、コンサート中に震度5の地震が発生!という想定のもと、実際にコンサート中に地震発生の演出をし、ご来場のみなさまと屋外へ避難する、という体験型コンサートです。
地震が発生したら『机の下に身を隠す』というのはご存知の方が多いかと思いますが、ホールの客席で地震がきたら、みなさんならどうしますか?
構造が特殊な『劇場』という空間での避難方法のレクチャーや消防署員による火災実験を体験することができる有意義な機会です。
また今回は社会人ビッグバンドのサウンドクリエーションジャズオーケストラによるジャズの演奏をお楽しみいただけます。

みなさまのご来場お待ちしております。

避難訓練チラシA4-3なし-4

第7回避難訓練コンサート
日時:9月7日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:花しょうぶホール
入場無料・全自由席
詳細はこちら 

【館長ブログ】お月見ジャズコンサート

暑中お見舞い申し上げます。
長雨の季節がようやく終わったかと思えば、今月8日は「立秋」。秋の気配が立ち始める頃ですが、最近はどの季節も暦とはかけ離れた気候となっており、日本独特の風情が薄らいできたように感じています。
まだまだ暑さは続くようです。くれぐれもご自愛ください。   

さて、今回は「お月見ジャズコンサート」の紹介です。当館のホールボランティア「パティオ・ウェーブ」が企画・運営する「ふれあいコンサート(ロビーコンサート)」の特別編です。
誰もが気軽に生演奏を楽しめる企画として定着してきた「ふれあいコンサート」としては191回目ですが、「お月見ジャズコンサート」は6回目となる屋外コンサートです。
「お月見」と言えば「中秋の名月 十五夜」の満月を思い浮かべますが、今年の公演は、十五夜の翌日の14日、真の満月の下での開催です。

今回の出演は 水野修平ビッグバンドです。リーダーの水野修平さんは、刈谷市生まれのピアニスト、作曲家、編曲家で、2016年から自己のオリジナル曲のみを演奏する世界的にも稀な「水野修平ビックバンド」を結成し、演奏活動をスタートしました。ベテラン、中堅、新進気鋭な若手のジャズだけでなくクラシック奏者まで幅広く多岐に渡るメンバーで活動しています。

仲秋の名月を背景に素敵な演奏会をお楽しみください。なお、雨天の場合は、花しょうぶホールに会場を移しますのでご了承ください。どちらの会場も、入場無料でどなたでも気軽にジャズをお楽しみいただけます。皆さまお誘い合わせの上、ご来場をお待ちしております。

0914お月見ジャズコンサートチラシ

第191回ふれあいコンサート特別編 「お月見ジャズコンサート」
日時:9月14日(土) 19:00開演
場所:光のパティオ(会館正面入り口前の中庭)
※雨天時は花しょうぶホール
入場無料
当日は椅子の数に限りがありますので、混雑した場合は立ち見となります。
※詳細はこちら