忘れることができない伊勢湾台風

  • 2017/11/10(金) 22:01:05

先月末、季節外れの台風が二週連続でそれも週末に襲来し、日本列島に大きな被害の爪痕を残して通過していきました。最初の21号は、超大型台風という事前予報もあり、私もそうでしたが多くの人が大いに警戒し、できる限りの対策を講じられたことと思います。一方、22号は上陸しなかったこともあって、意外と静かな通過でした。いずれも非常に心配していた二つの台風でしたが、幸いにもこの地域での大きな人的・物的被害が出なかったことに一安心でした。

しかし、二週連続で襲来した台風により、行楽シーズン真っ只中ということもあって観光地は悲鳴、更に全国で予定されていた屋外でのイベント等が相次いで延期、更には中止を余儀なくされるなど、様々な事業に影響が生じた事態となりました。当市の市民大運動会も同様に順延・中止となり、各町内の役員の方々も連絡に追われるなど、大変に苦労されたことと思います。

私にとって台風といえば、真っ先に思い出されるのが「伊勢湾台風」であります。昭和34年、当時小学校1年生でしたが、台風の恐ろしさを小さいながらも鮮明に記憶しております。夜になり一段と風が強くなり、停電でローソクの明かりを頼りに両親が必死に雨戸を押さえていたことを覚えております。私も子供心にその場の深刻な状況を感じたのか、大して役に立たないのですが一緒に雨戸を押さえていたような記憶がかすかにあります。

今の建物はコンクリートの基礎があり、土台などとしっかりつながっていますが、その当時の家は石の上に柱が載っているだけの簡素な構造で、我が家も同様で家がぐらぐら揺れて今にも倒れるのではないかと、大変に恐怖を感じた夜でした。夜が明け、気が付くと幸いにも家が倒れることもなく持ちこたえていましたが、外に出るとあちらこちらで大きな松の木がことごとく根元から倒れ、また多くの家屋が倒壊するなど想像を絶する状況でありました。被害状況としては犠牲者5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)負傷者38,921人という日本に襲来した台風としては最悪の記録が残っています。
 
現在では科学進歩とともに、台風などの気象情報はリアルタイムでの確認が可能となり、事前にある程度の備えなどの対策を講じることも可能となりましたが、自然災害は避けて通ることはできません。特に地震などは予測できず何時発生するかわかりません。自分の命は自分で守ることを基本として、常に言われていることですが、万が一に備え水・食糧などの備えは、後で後悔しないためにも必ず行っておくべきと思います。皆さん実行しましょう!

スポンサーサイト

【すたっふNOTE】高木正臣展&〇〇展(Oh!縁展)Vol.2

  • 2017/10/25(水) 11:38:52

こんにちは、スタッフのTです。
今回は、10月22日(日)からパティオ池鯉鮒の2階ギャラリーで開催されるパティオ入会地ギャラリー展特別展「高木正臣展 超本能で描け!~直感!そして「華鳥風月」への生成~」の紹介をさせていただきます。

市民を中心とした公募者の作品発表と交流の機会として実施しているパティオ入会地ギャラリー展の特別展として、知立やその周辺にゆかりのある著名な芸術家の作品を展示する企画展を開催します。開催5年目となる今回の特別展は知立市出身の現代美術家、高木正臣氏の作品展です。「超本能で描け!」「華蝶風月」「守・破・離」をテーマに描かれた、鮮やかな彩色と立体感に吸い込まれるような迫力ある作品が集結します。
また、ギャラリーの別スペースでは、「○○展(おーえんてん)vol.2」も同時開催します。昨年に引き続き、地元の作家を応援し縁をつなぐことを目標に開催し、メインの高木展と共通のテーマ「守・破・離」に基づいて選出された地元アーティスト3人の作品が展示されます。
22日には高木氏と宇納一公氏(知立市文化協会会長・愛知教育大学名誉教授)のオープニングトークや、高木氏と○○展作家3人とのアーティストトークもあり、より深く作品を理解して鑑賞していただけると思います。芸術の秋!ぜひ、パティオで作家の意欲作を見にご来場ください。

高木正臣展 表

高木正臣展 裏

パティオ入会地ギャラリー展 特別展
高木正臣展 超本能で描け! 
同日開催:〇〇展(Oh!縁展)Vol.2 
(田口友里衣/ガラス造形作家、家原利明/画家、神谷恒行/日本画家)

期間:10月22日(日)~2017年10月29日(日)
時間:10:00~17:00
会場:2Fギャラリー

高木正臣展の詳細はコチラ
○○展の詳細はコチラ

〇〇展 表

〇〇展 裏

高齢者と呼ばれたくない60代

  • 2017/10/10(火) 00:01:00

10月に入り朝夕めっきり涼しくなり、心地良いそよ風を肌で感じる状態へと変化し、秋の訪れを実感するような気候となってきました。しかし、日によっては30度近い気温になることもあり、以前の衣替えは10月からと決まっていたように思いますが、寒暖の差が激しい昨今の気候では、必ずしもそうとは言えなくなってきた感があります。皆さんも体調には充分に注意していただきたいと思います。
先月、敬老の日に合わせて、国より高齢者人口の推計が発表されました。その内容としては、65歳以上の高齢者人口が3,461万人で総人口の27.3%、75歳以上の人口が1,697万人で総人口の13.4%、これは4人に1人が65歳以上の人、8人に1人が75歳以上の人となり、益々高齢化が進んでいるとの報道がありました。
そうしたなか、テレビから流れてきた「65歳以上の高齢者」という響きを耳にしたとき「自分も高齢者の仲間入り」なのか---!「ちがうだろ!」と、今年よく耳にしたフレーズの気分でもありました。事実、今年になって日本老年学会から、現在の65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言が発表されました。これは医療の進展や生活環境の改善により、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断されたようです。これも個人差によって大きな違いがありますが、私自身もそうですが、まだまだ元気なのに高齢者呼ばれされることに違和感を抱く人は少なくないと思いますし、平均年齢が80歳を超えている現在、おそらく皆さんの周りにも80歳を超えて、なお何らかの活動を元気に行っている方が大勢みえると思います。今や、60代は「高齢者」という言葉が当てはまらない時代になったと言えます。

こうした高齢化社会を迎えるにあたって、定年延長や年金の受給年齢の引き上げ問題など、日本社会が大きく変革しようとしています。私自身、町内の老人クラブの一員ですが、同じように加入年齢の引き上げ議論も出てきても不思議ではない現実です。
パティオ池鯉鮒は、今月より後半戦に入りました。現在では、今後の事業遂行と並行して、来年度事業の計画策定に取り組んでいるところであります。子どもから高齢者など、幅広く多彩なジャンルの事業が開催できるよう計画してまいりますので、楽しみにしていてください。

【すたっふNOTE】 愛しのドラム

  • 2017/09/25(月) 00:00:36

皆さんこんにちは。スタッフCです。
9月27日と28日に、いよいよパティオにやって来る舞台、『愛しのドラム~ザ・フルーツ2~』は、役者、落語家、劇作家、各界の人気者が集結した、完全オリジナル楽曲生演奏音楽劇です。
作・演出は人情味のある喜劇を得意とする中島淳彦さん。出演は、落語家の春風亭昇太さん、人気テレビドラマシリーズでおなじみの六角精児さん他、素敵なメンバーが集まりました。作・演出の中島さんは、俳優としても出演します。

お酒の席の雑談から『ザ・フルーツ』というバンドができ、そして『ザ・フルーツ』が主人公の音楽劇ができました。昇太さんや六角さんが、おかっぱ頭のカツラで、時代から取り残されかけたグループサウンズのバンドマン(20代)役を熱演します。
昇太さんからは、「おじさんたちが真剣にばかばかしいことをやるとこうなるってところを見ていただければ」というメッセージをお預かりしています。

舞台から、勇気や元気をお持ち帰りいただける、楽しくて可笑しくてちょっと切ないお芝居です。
難しいことは考えず、気軽に楽しくご覧いただけると思いますので、そんなお芝居がお好きな方は、ぜひ足をお運びください!劇場でお待ちしております。

場_0357t
撮影:田中亜紀
フルーツ2表 HP

プリエールプロデュース
愛しのドラム ~ザ・フルーツ2~
作・演出 中島淳彦
日時:9月27日(水)19時開演、9月28日(木)14時開演
会場:パティオ池鯉鮒 花しょうぶホール
詳細はコチラ

知立市指定管理者選定等委員会より『高い評価を頂きました。』

  • 2017/09/10(日) 00:00:00

平成15年に地方自治法の一部改正により、地方公共団体が設置する公の施設について、市民サービスの向上、効率的な管理運営、多様化するニーズへの対応、利便性等の更なる向上を目的として、管理運営を地方自治体に代わって民間会社を含む、法人やその他の団体に委託することができる『指定管理者制度』が施行されました。そうした制度改正に伴って、市では多くの公の施設について従来のとおり直営でいくのか、指定管理者で行っていくかの選択が行われました。その結果パティオ池鯉鮒を含む、6施設が民間・NPO法人等が、議会の議決を受けた後、市から指定管理者として指定を受け、施設管理等の業務を委ねられることとなりました。

そうしたなか、私どもの一般財団法人ちりゅう芸術創造協会は、市からパティオ池鯉鮒の指定管理者として
・平成18年度から平成20年度まで 3年間
・平成21年度から平成25年度まで 5年間
・平成26年度から平成30年度まで 5年間(委託継続中)
継続指定を受け、施設管理は勿論のこと、自主文化事業として、教育普及事業・人材養成事業・鑑賞事業・創造事業・連携事業など、幅広い分野の文化芸術の推進に取り組んでいるところで有ります。

毎年度、事業終了後には事業報告書を作成し、市長に提出することとなっており、今年度当初においても事業報告(28年度事業)をさせていただきました。その後、指定管理者制度導入の目的である住民サービスの向上等が適切に図れているかを検証するため、市役所外部の委員で組織された『知立市指定管理者選定等審査委員会』の評価を受けました。評価結果については、施設管理、貸し館事業、自主文化事業など適正な管理運営が行われており、自主事業としてコンサートを中心に、地域に根ざした様々な取り組みが行われていることに対し評価していただきました。一方、収益が見込める事業については、最大化に務めること。施設利用者が前年度と比較して減少している。稼働率の低い茶室に対し、新たな利用者の獲得に努力すべきなどの奮起を促す意見も頂きました。なお、評価結果報告書につきましては、市のHP(リンク)にて公開されていますので一度ご覧下さい。

今後ともパティオ池鯉鮒のスローガンである『地域にねざす したしみと にぎわいの会館』をスローガンに、今回の評価結果に甘んずることなく、引き続き市民から愛され、必要とされる会館に成り得るよう職員一丸となって努めてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。