FC2ブログ

パティオと山車文楽・からくり

空は青く澄み渡り、さわやかな季節となりました。稲刈りも始まり実りの秋を実感する今日この頃です。
10月は、旧暦では言わずと知れた「神無月」、出雲の国(島根県)では「神在月」です。八百万の神様が会議のため出雲大社に集まるのだそうです。この会議では何を議題にするのかと言えば、「人の運命や縁」「来年の天候」「農作物などの出来」だそうで、このことが出雲大社を「縁結びの神」と呼ぶ所以です。
全国的に「神無月」とはいえ、留守番をする神様もいるようで、「恵比寿神」「金毘羅神」「かまど神」「道祖神」などが、留守神様として私たちを守っていてくれるのだそうです。 (「暮らしの歳時記」より引用)
 
さて、知立の神様と言えば「知立神社」ですが、今回はその祭礼で奉納される「山車文楽・からくり」と当会館「パティオ池鯉鮒」との関わりについてご紹介します。
平成12年7月(2000)に開館した当会館には、二つのホールがあります。
その内の一つ「花しょうぶホール」は、「山車文楽・からくり」の継承活動の発表場と、この伝統芸能の上演を通じて現代における意義を見出すことに努めることを大きな目的として建設されました。
基本コンセプトは、「知立らしい魅力にあふれた交流の拠点づくり」であり、そのために、当市の歴史、文化、伝統など地域に根ざした文化活動の輪を広げ、伝統文化の継承と新たな文化創造の役割を担う場とすることです。
「知立山車文楽保存会」に加え、「からくり保存会」が発足すると、平成14年(2002)にはシアターカレッジ(三味線、義太夫)(人形遣い)を開講し、継承のための支援環境が整いました。
山車のレプリカを使用した舞台では、保存会との協同により、当初の目的遂行に向け多彩な事業が展開されています。
そんな中で、平成18年(2006)ユネスコ(国連教育科学文化機構)による無形文化遺産の保護に関する条例が発効すると、平成26年3月(2014)「全国山・鉾・屋台保存連合会」加盟の当市を含む33団体が「山・鉾・屋台行事」として「ユネスコ無形文化遺産」に一括登録することを目指し提案書を提出しました。
その結果、平成28年12月(2016) 晴れてユネスコ無形文化遺産登録となり、世界的に当市の「山車文楽とからくり」の価値が認められました。
本年度当会館が実施した、また予定している関連事業につきましては、まず7月1日に長年続いている「保存会公演」が上演されました。
当日は暑い中にもかかわらず開場前に列ができるほどの人気で、ほぼ満席の中、舞台中央の「劇場用山車のレプリカ」の上で三味線と語りに乗って操られる人形を、観客の皆さんは食い入るように見つめ、クライマックスの場面では拍手や歓声があがり、それぞれの技量に満足している様子でした。
公演が終わり出口付近で来場のお礼をしていると、ある高齢の紳士が、「知立にはいいものがあるね。私の方こそこういうものを見せていただき『ありがとう』と言いたい」とおっしゃって下さり、改めて知立の山車文楽・からくりの評価の高さを認識させられました。

DSC00782.jpg

当会館の山車蔵にも山車が収納されています。これは、かつて「中新町」が保有していたもので、新調した際に古い物がここに収められたものです。
開館以来 風雨に曝されることはないとはいえ、山車を飾る幕は日光を浴びて相当傷み展示に堪えないことから、知立市はクラウドファンディングなどで寄付を募り、これにより幕を新調することになりました。この11月11日(日)に幕新調を記念し、当会館の「光のパティオ」に於いて新しい幕のお披露目と併せ山車文楽の上演などを行います。
当市が世界に誇る伝統を身近に感じていただき、山車を間近で見て触れることができるこの機会を是非お楽しみください。
また、11月29日(木)には、知立の山車文楽とからくりのユネスコ登録を記念して、「知っているようで知らない日本の伝統芸能の魅力を知る公演 世界に誇るユネスコ無形文化遺産、人形浄瑠璃・文楽」を、本場大阪の文楽座技芸員による解説を交えてお届けします。一度は見てみたい日本の伝統芸能をこの機会にご鑑賞ください。

知立の山車文楽

早いもので開館以来20年近い時間が経過しました。私どもはこの間多彩な公演などを手掛けてきましたが、当会館の伝統芸能に対する役割は、当初の目的であります「伝承活動への積極的な支援と公演を通じ伝承すべき意義の発信」であることに変わりはありません。
今後もさらに新たな挑戦を続けてまいる所存ですので、どうぞ今まで以上にご支援くださいますようお願いいたします。
スポンサーサイト

【すたっふNOTE】避難訓練コンサート

こんにちは、スタッフのKです。
今回は今年で6回目の開催となります、避難訓練コンサートについてご紹介します。これまでは、東日本大震災の発生に合わせ3月に開催してきましたが、今回は防災月間であります9月の開催としました。
あの東日本大震災から既に7年が過ぎましたが、近年では毎年のように大きな災害が発生しています。「平成30年7月豪雨」や台風21号、そして「北海道胆振東部地震」と、この数か月間でも非常に多くの被害と、尊い命が奪われました。
さらに、この地域では皆さんご存知の「東南海地震」発生の可能性もあります。災害は何時起こるか分かりませんが、ご来場の皆さんには、本公演を通して劇場で災害に遭遇した時の心得や、行動について考えるよい機会になればと思います。   
なお、今回のコンサートの出演は、皆さんご存じの知立市吹奏楽団の皆さんです。お子様からご年配の方まで、皆さんがよくご存じの曲を演奏いたしますので、是非多くの皆さんに足を運んでいただきたいと思います。

避難訓練チラシA4-3なし

第6回 避難訓練コンサート
〇日  時 平成30年9月29日(土)14:00開演(13:30開場)
〇会  場 パティオ池鯉鮒:かきつばたホール
〇入場料等 入場無料 全自由席

公演の詳細はこちら

社会的包摂② ~取り組みを振り返って~

暦の上では「仲秋」。夜には虫の声が聞こえ始めていますが、日中の暑さはまだまだ厳しく収まる気配もありません。「二百十日」が過ぎ台風も多い時期ですが、それだけではなく最近は異常気象による災害にいつ見舞われるか分かりません。油断禁物です。
さて、社会的包摂(共生社会実現に向けて)の取組みにつきましては、7月に取り上げさせていただきましたが、その取り組みを振り返り、課題などについて検証してみました。

DSC_0232.jpg
©中川幸作

6月16日に公演を行った「愛知県芸術劇場・SPAC(静岡県舞台芸術センター)共同企画『寿歌』全国ツアー パティオ演劇公演2018『寿歌』(ほぎうた)(作:北村想 演出:宮城聰)」にて、視覚にご不自由のある方に対し行いました「触ることが出来る舞台美術模型を使った舞台説明」につきまして、参加者の皆さまから頂いた感想や要望等のご意見をまとめますと次のとおりです。
総じて、「普通」との感想でした。これをどう評価するかという事は、非常に悩みますが、大きな不自由なく鑑賞できたという意味合いにおいては、及第点であると前向きに評価したいところです。

ご意見では、「稀な機会でありよかった」、「模型に触れることで舞台の様子が分かった」、「役者の衣装(生地のサンプル)に触れることができよかった」という一方で、「劇中のせりふだけでは状況が分かりにくく、副音声が必要」、「役者の動きが分からない」という指摘を頂いたうえで、「点字のパンフレット」や、「音声ガイド」などによる場面説明の充実を求められました。
このようなご意見をふまえての、私ども主催者側の反省点しましては、舞台美術の持つ作品上での重要な意味を知らせることができる「触れる舞台模型」を作ったことの意義はありましたものの、参加者の満足度が高くなかったのは、作品や舞台演出と舞台模型を触るというサポートの相性が良くなかったためではないかと判断しています。具体的には、劇の特性から演技中無音になる場面が多く、役者の動きが推測不能となり状況把握ができなかったのではないか。また、介助者が個々の障がいを理解した上で、作品の内容を理解し、劇中の状況を分かりやすく伝えられるかが問われたと感じています。

20180616_寿歌
※写真は触る舞台模型

持つ障がいにより求められるサポートは異なりますが、私どもは、今後もこのような取り組みを継続することが必要であり、その中で少しずつ伝えられる範囲を広げていきたいと考えています。
また、各種あります補助機器については、有効性、経済性など他館の実績も参考にし導入を検討していきたいと思います。
取り組みは始まったばかりであり、試行錯誤していますが、全ての障がいに対する支援は一気にできるはずもありませんので、まずは、当事者が何を優先に望まれているのかという情報も把握し、出来ることから一つずつ取り組みたいと考えています。
文化芸術は、子どもから高齢者の多世代、障がい者、在留外国人などの社会参加を促すことができる活動です。障がいの有無によって分け隔てのない、誰もが楽しむことができ、訪れてみたくなる環境を整え、社会参加の機会を広げてまいります。

【すたっふNOTE】しみん劇2018

こんにちは、スタッフTです。今回は、今年で13回目の開催となる、しみん劇についてご紹介します。第11回・第12回のしみん劇に引き続き、上演作品は井上ひさし作のミュージカル『決定版 十一ぴきのネコ』です。この作品は、逆境にめげず、前向きに懸命に生きた十一ぴきの野良猫の冒険物語です。演出には、名古屋を拠点に活躍する劇団B級遊撃隊の演出家・劇作家・俳優の佃典彦さんを迎え、オーディションで公募した出演者・スタッフの皆さんと一緒に、現在稽古中です。

しみん劇の魅力のひとつは、年齢も経験も様々な人たちが集まって、助け合いながら舞台をつくりあげることです。今回集まった出演者・スタッフメンバーでの公演は今回限り。また、演劇はお客様にご覧いただいて初めて完成するものです。一期一会の舞台を素晴らしいものにするため、関係者一同、全身全霊をかけて稽古に励んでいます。ぜひ会場に足をお運びください。

P1570877.jpg


また、たくさんの人が演劇に触れるきっかけとなるよう、本番前日のリハーサルを一般公開します。全編公開ではありませんが、公開リハーサルのあとには、公演用にセットした舞台を見学するバックステージツアーを計画しています。パティオのしみん劇に関心がある方、公演の舞台裏に興味がある方、是非お気軽にお越しください。
みなさまのご来場をお待ちしております。

第13回しみん劇チラシ表


●第13回しみん劇『決定版 十一ぴきのネコ』
日時:①9月8日(土)18:00開演
②9月9日(日)14:00開演
   両日とも開場は開演の30分前
会場:花しょうぶホール
座席:全自由席
チケット好評発売中
※未就学児入場不可

●しみん劇公開リハーサル・バックステージツアー
日時:9月7日(金)17:00開演(開場は開演の30分前)
   公開リハーサル(第一幕のみ) 17:00~18:30
   バックステージツアー 18:30~19:00
会場:花しょうぶホール
入場無料・全自由席

詳細はこちら

草取り

暑中お見舞い申し上げます。
先月23日は、暦の上で一番暑い期間が始まると言われる「大暑」でした。
この日は全国各地で気温が40度を超えるなど、このところ記録的な暑さが続き、熱中症、熱射病の話題が毎日のように取り上げられていますが、くれぐれもご自愛ください。   
当会館の樹木たちも、夏の日差しにじりじりと灼かれ、ぐったりしているように感じられる一方で、雑草たちは灼け付く土の中でも夏草特有のむっとする匂いを放ち、こちらの除草作業をものともせず繁殖しています。
当会館を運営する私どもは、ご来館される皆様に、事業の内容で喜んでいただくことが大きな使命でありますが、ここを訪れ、最初に目にすることになる緑の環境を整えておくことも、イメージアップにつながる大切なことであると考えます。
しかし、そのような思いを持ちながらも、常に良い状態にしておくことは並大抵ではありません。
特に、グランドカバーの「芝」「タマリュウ」や、「ツツジ」など寄せ植えの中に生える「チガヤ」は大変な厄介者です。
「チガヤ」はイネ科の多年草で、地上部を刈り取っても地下茎(根)からすぐに再生してしまうため、完全に除去するためには、掘り返し地下茎を全て取り除く必要がありますが、この作業では植栽を痛めてしまうことになります。
結局、景観を保つため、伸びた葉をくり返しくり返し刈り取る地道な作業をしていますが、埒があきません。良いお知恵をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非お教えください。
そんな中、毎年頼りになるのが「公益社団法人 知立市シルバー人材センター互助会」の皆様による、緑地の草取りボランティアです。皆さんは、公演鑑賞にご来館いただく方をはじめ、中には会館の業務に従事される方などもおり、多くの方々がこの施設への愛着を表現していただいていると、本当に有難く感じております。
今年は去る6月23日、あいにくの梅雨空で蒸し暑い中、終盤には雨も降り始めましたが、きつい作業にもかかわらずたくさんの方に丁寧な作業をしていただきました。
おかげさまで大変美しい緑地となりました。職員一同喜んでおります。
会長様をはじめ、参加していただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

シルバー草取り②
公益社団法人 知立市シルバー人材センターHPより

シルバー草取り①